スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュピをはさんで、村の寺院の大祭が行われています。

バリの村々にたくさんある寺院には
それぞれ役割があるそうです。
私の住む村では、
Pura Peseh (鎮守寺院)
Pura Dalem (村人のお墓があり、川の側にある)
Pura Masceti (田んぼや畑への用水を守る寺院)
の、三つの大きい寺院があります。

その他、一族のための氏神がいくつもありますが、
それはその一族専用なので、他の家族は一切入れません。

バリの寺院は皆、
7ヶ月に一回、普通の建立祭が行われていますが、
今、村のPura Dalem が
何十年に一回の特別な大祭を迎えています。

他の地域でも同様な大祭が行われている寺院が多いようです。
P1160007s-.jpg P1160008s-.jpg
このような、大きい掲示板に大祭のプログラムが書かれています。
そして、村や寺院の入り口に
お出迎えの男女の人形が置かれています。

P1160009s-.jpg
美人です!

私の住む村は、2日前に
「Mecaru」という、寺院のお清めの儀式がありました。
いつのまにか寺院に入り込んだ見えないワルイものを
隅々からおびき出して、まとめて追い出す儀式です。

P1160029s-.jpg
村の入り口

P1160030s-.jpg
寺院近く バリ文字で「om swastyastu 」と書いてあります。

P1160056s-.jpg
寺院内 境内の門

P1160040s-.jpg
バリの高僧が祈祷しているのを見守ります。
普通のお参り お祈りではなく
神様のお手伝いなので、女性は皆、頭に
配布された白い鉢巻をします。

P1160046s-.jpg
白装束の僧侶が、お清めの品々を持って、寺院内を周ります。

P1160053s-.jpg
竹筒をカンカン打ち鳴らし、ワルイものを外へ追いやりますので
なかなか境内はなかなかウルサイ・・・
いつものガムランも竹の木琴の合奏も同時に別の旋律を奏でます。
さらにはじめて見ました。 ほら貝をボ~ボ~っと鳴らしてます。

魑魅魍魎でなくとも、さすがにもう耳が痛い・・・
しかも気がつけばもう3時間半もじっと座っていて、腰ももう限界・・・
いやいや、座っているだけの私はまだいいか。
立ちっきりで作業している人はもっと大変でしょう。

あの、そろそろ・・・という頃。
合図が出まして、みな一斉にお祈り。
そして、今日の式次第は完了。

(観光で少し見学、は別ですが)
このお祈りする前に寺院から出て帰ってしまうのはNGなのです。
例えると・・・誕生日パーティに参加させてもらったのに
主役におめでとう、も言わずに帰っちゃう、みたいな失礼さ かな?

ここまでで、十分大きな行事でしたが、
いえいえ、これはまだ大祭の前のお清め。
大祭はまだ始まってません。
今回は、「静粛の日」Nyepi をはさんで10日間、という巡りだそうです。

今の時期バリ島にいる人は、
各地でこんな行事を見る機会がありそうですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/03/14 10:59 ] バリの行事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sora963.blog137.fc2.com/tb.php/921-41942cbd


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。