スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ずっと憧れていた、バリ島の古着市場へ!

今日は ですね~
私が かねてより行きたいと思っていた
タバナンにある 古着市場に行くチャンスに恵まれました!
DFSよりも おしゃれスミニャックよりも
行きたかった 憧れの場所であります!

さてどんなところかと申しますと、
ジャジャ~ン。
DSC00125s-.jpg
雨が降ったようですね。ドロドロです。
いまどき舗装してない道路も希少ですからね。
ノスタルジックです。
古着ばかりを売るバラック小屋の店がずら~っと並んでいます。
お若い人はバラックなんて言葉、知りませんね。
こういうのをバラックというのです。戦後の闇市みたいです。

車を停めた南の端の店から、周ってみることにします。

商品は日本のリサイクルショップの服みたいです。
くれぐれもアメリカンビンテージの古着屋とは違います。
よく見れば、目ぼしいのはみんな日本の服。
GAP(まあ日本じゃないけど)、ユニクロ、
ノーブランドだけど、しまむらとかダイエーとかで売ってたような服が
ほとんどです。
DSC00127s-.jpg

こういう値札のない買い物は、
まず先客の様子をうかがいます。(いないと困るけど)
ちょうど女の子のワンピースの値段交渉をしている
バリの女性がいます。
「3・・・でいいでしょう?」

ん? 3? 3000ルピアじゃないよねえ?
お会計を見ていると、50000ルピアを出して30000ルピアのおつり。
ああ、30000ルピアを20000に値切ったんだな。
じゃあ、それを基準に値段を交渉するか。

見かけた外国人は計・・・4人かな?
スラっとした後姿のこの方は、バリ人さんのようです。
プロの古着屋かな。
DSC00128s-.jpg

こんなに たくさん店があったら、お目当てを探すのも大変だ、
と思いましたが、
それぞれ専門で扱っている衣類があって、
この店は子供服、その店は男性用ズボンのみ、
あの店は なんと水着!とか わりと見やすくなってます。
DSC00131s-.jpg

古着・・・好きな人は好きでしょうが
嫌な人はたまらなくイヤでしょうね。
私は日本に住んでいた時も古着屋(リサイクルの安いヤツね)が
大好きで、
高くて新しい物は、いいに決まっている。
安くて古い物の中からいい物を探し出すのが面白いのです。

でもその他にも、古着には独特の匂いがありますからね。
人間の体に触れたものは、やはり人間の匂いが残るものです。
しか~し、どんなホテルだって
毎回新品のタオルや浴衣を出すことはないでしょう?
古着だって洗ってあれば、ホテルのタオルと同じようなもんですよ。

さて、気になる物を値段交渉してみようかな。
このロングカーディガン、いいなあ。
金持ちみたいに見えるかなあ。
DSC00138s-.jpg
日本にいる時は服なんて清潔ならなんでもいいんじゃない?
って思ったけど、
外国に住むとあまり安っぽい服とかあまり奇抜な服を着ていると
警戒されるっていうんですかね。
ボロは着てても心は錦、は なかなか通じないからねえ。
年相応の、ちょっとだけ金に余裕がありそうなふりしないと
周りが不安がるようですわ。

で、カーディガン。
これを羽織ってれば、いいかな?と値段を聞いてみたら
「65000ルピアですぅ~」(ちょっと小バカにしている)

え~ これが。日本の古着屋と変わらないんじゃ?
う~ん。1周してからまた考えるか。

次。ああ、ウチの夫がいつも「短パンが足りない」って言って
小汚いのばっかり履いているから、1枚買っていくか。
お、これは洗濯しやすいし、高く見えるし、いいかな。
あ、穴開いてますけど。
10000ルピアくらいなら買って、自分で縫うか。

「これ、穴開いてますけど、おいくらにしてくれる?」
「・・・35000ルピアで」

ぎゃふん。
穴開いた短パンをなんで新品より高く買わなきゃなんないの。
(薄い海パンなら30000ルピアで買えます)

じゃあ、息子のパジャマのズボンだけ。
上はTシャツ着て寝る派だから、
ちょうどズボンだけ欲しかったんだよね。

あ、どうみても着古した日本の子供パジャマがある。
DSC00140s-.jpg
「35000ルピアです」

ズボンはなんでも35000なのかい?
大きさってモノを考えて値段つけてくれよ~

あ~やっぱ、日本人だから買い物は難しいかなあ。
とりあえず初めて来たので、まあ下見だな。
端までいろいろ見てみよう。

DSC00136s-.jpg
「ワイルドだろ?」

DSC00134s-.jpg
古着の匂いは洗えばいいじゃん。
などとさっき申しましたが、このバッグ・靴専門店・・・
履き古した靴のスッパイ匂いがいたします。
これはいかん。これは水虫注意報だな。

DSC00141s-.jpg
あ!クマモン。 
かわいいけど、息子にはもう小さいな。

一通り見て、結局一番初めに入った南端の店が
一番良心的値段をつけてくれた、ということが分かり、
そこで自分のカットソー20000ルピア×4着と
女児用ワンピース(近所の子にあげる)15000ルピア×1着買って
帰りました。

なかなかイジメられましたが、すっごく楽しかった。
もう毎週でも来たい!端から端まで全部見たい!

あ、ロングカーディガン値切るの忘れてた。
しょうがないなあ~また行かなくちゃ。いひひ。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/05/16 00:30 ] バリのショッピング | TB(0) | CM(0)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。