息子のバリ暦の誕生日 オトナンと夫のバリ暦運勢表 これでバリ人の人生が左右されるそうですが・・・

今日は息子のバリのカレンダーでいう
誕生日でした。
otonanといいます。
バリの一年は210日ですので
(でもニュピの計算は約12ヶ月で一年)
人間も家のお寺も、村のお寺も210日に一回
「お誕生日」のお祝い、というか神様への感謝をします。

明日は鉄製品のお誕生日、Tumpek Landepです。
息子は3年前のTumpek Landepの前の日に
生まれたので、ずっとこの日で覚えやすい

とりあげてくれた産科の先生も、
「鉄の日に生まれるのが、おススメ」と冗談言ってたけど
家を作るとか、結婚するとかいい日にするとラッキー
だそうで。
出産日は選べませんが。

IMGA0109+(2)_convert_20120629205833.jpg
お供え品
IMGA0114_convert_20120629211753.jpg IMGA0116_convert_20120629211920.jpg
お祈りした後に、いただきます。
こういうのは、基本の肉・ご飯・お菓子・果物・お花
(その他謎のグッズ)が入っていれば、品はアレンジ
していいそうなので、息子の好きそうな、且つ
着色料がヤバくないのを選んで。

そのような暦なので、バリ人は自分が何曜日生まれか
必ず知っています。

夫は月曜日(Soma)生まれ。
それにPon・Wage・Kliwon・Umanis・Paingという
日を足して数字が出て
こんな運勢表が出来るそうです。
IMGA0098_convert_20120629210309.jpg
この日は大凶、とかこの日は大吉とか。

これは、近所のプダンドゥ(高僧)が製作した表で
なんでも人気のある方で、ジャカルタから
有名な女優が占いに来たこともあるそうです。

バリの政治家も、こういうのをすっごく信じてます。
お祈りに行くことも、政治家の公の仕事の一つなので
日本だと「政治家が占いですか?」と
思われそうですが、バリでは良い事です。

私も知りたいな~
ここまで詳しい表じゃなくても、
「Soma(月曜日)、Wage生まれの人は、~」とその人の
生まれ持ってのひととなりも出るそうです。

夫の生まれはきっと、「適当!」
だと思います。

私の生まれは「口うるさい」かな・・・?

ところで、
やっぱり記念に欲しくなってきました、
2009年のバリカレンダー

どなたかおウチに捨てずに
置いてあったりしたのが
ありましたら、いただけないでしょうか?

ご連絡をお待ちしております。





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/06/29 22:00 ] バリの謎・・・ | TB(0) | CM(2)