スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とうとうパソコンが壊れました・・・そしてバリで買うパソコンの調子は?

26日の朝に長年がんばってくれたソニーの
バイオが壊れました。
その数日前から、通常起動ができなくて、
セーフモードでやっと起動してました。
でも一度起動するとあとは順調なので
「もう少しもう少し」と使ってましたが
その朝はもう何回やっても起動しない。
近所のネットカフェの技術者コマンに聞いても
ハードディスクのカリカリという音がするのは
あんまり期待できないと・・・

メールが受信できないのは、ちょっと困るので
デンパサールのパソコンセンター「リモ」に行って
買うことにしました。

正面入り口から入ってすぐのところで特設会場を
作って営業してたので、とりあえず訊いてみると
「235万ルピア」 予算内です。
上の階で変圧器も買いたかったので他の店も
見てみようと3階へ。

前回変圧器を2個で25万ルピアで買った店で
「これ壊れたけど、修理できますか?」

「これは修理できません。」
この変圧器も安っぽいものでしたが、
順調に使えてたのに、うっかりボ~っと
してヘアドライヤーを
繋げてしまった私のせいです・・・

「じゃあ同じものはありますか?」

「あります!125000ルピアで」

おお。ラッキー。
「ハイこれ」と出されたものは
DSC05087_convert_20120128191422.jpg
うう・・・なんだこのウソクサイ商品ロゴは。
ポップな感じが、不信感を与えまくってます・・・

「ね?600VA」
600VAというところだけ同じですが・・・
でもその場でつないだら使えてましたので
とりあえず購入。

「ウインドウズ7の入った小さいパソコンは
 ありますか?」

「ありますよ。150万ルピア」

安いなあ、ともう一度訊いたらOSだけの値段。

「230万位のもありますよ~」という声を断って
入り口の店で買うことにしました。

235万のにしようと思いましたが、セールスの
お兄さんの最後のワンプッシュ。

「あちらの250万のにしませんか?
 品質がいいですよ」

「どのように?作業が早い?」

「ん~・・・長持ちします」

長持ちは最重要です。10万ルピアまけて
240万ルピアにしてくれたので、
中国製のhpというのにしました

まず私が使ってるFLEXIのUSBモデムが使えるか
が第一条件です。家にもう1台、このブログでも
売りに出したシャープのノートパソコンがあり、
無事に日本語の本物XPに戻せたのですが
いろいろ調べたけどやっぱりインドネシアの
USBモデムはどの会社のも私のメビウスに
繋がらない、ということがわかりましたので。
残念・・・WIFIは問題なく繋がるのに。

4階の昔の秋葉原電気街のビルの奥を
連想させる小さい部屋で技術者の人が
1台づつセットアップしたり修理したりしてます。

「osを日本語にするには別途料金が掛かります」

でた!
さっきコミコミで240万って言われたんですが。

「日本語で文書を作ったり、検索したり、だけなら
 コミコミです。それでok?」

OK。OK。

1時間ほどでセットアップでき、帰りに
ウダヤナ大学の交差点の西隣をまわっていくと
「デンパサールジャンクション」という
大きい看板がありました。
ああ。どなたかのブログでみたことあるな。
ここがそうか。

ドーナツのj.co BreadTalk ロッパン、と看板が
並んでました。
今度来たらロッパン行こうかな。

持ち帰ったpcは、いまのところ調子いいですよ。
他のプロジェクターに繋げてます。
DSC05079_convert_20120128182804.jpg

ウインドウズやファイヤーフォックスからのお知らせは
英語なんですが
(ファイヤーフォックスは日本語サイトから
 インストールしたのになあ・・・?)
そんなに不便でもありません。
変圧器も初日ギーギー音がしてギョッとしましたが
今は大丈夫。

いつも夕方切れていたネット接続も前より
良くなったようです。

もう電気製品のトラブルはカンベンです。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/30 18:30 ] バリのショッピング | TB(0) | CM(8)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。