バリ島暮らしの手帳 1 相手のインドネシア語が理解不能の時

私の周りのインドネシア人、バリ人だけでしょうか、
いきなり話題を変える人が多いです。

こないだ市場で買い物してて、
私「ブラパ ハルガニャ?」(いくらですか)
店「サトゥキロ ウンパッ リブ。マウ サトゥ キロ ヤ?」
 (1キロ4000.1キロですか?)
私「ティダ・・・(いいえ)」 ・・・何グラムにしようかな・・・

突然
店「ブラパ イニ?」(これ いくつ?)
私「アパニャ?」(何が?)
店「イニ アナッニャ」(このお子さんは)
私「ウムールニャ?」(年齢?)
店「ヤ」(はい)
私「ドゥアタウン ストゥンガ」(2歳半です)

店「マナ?」(どこ?)
私「シアパ?」(だれが?)
店「イブ」(奥さん)
私「サヤ?ディ ウタラ」(私?北の方にいます)

と、いきなり息子の話になって、値段か?!と、ぎょっと
しました。

日本人同士でも、会話がかみ合わない、って時がありますが
バリ人同士の会話も、聞いてると、落語みたいに
「いつ?いくら?どこ?誰と?」と繰り返し訊きあってます。

アパニャ、のニャが日本語の何が?の「が」になりますので
インドネシア人の言いたい事がわからないとき、反対に
訊いてみましょう。

インドネシア語は主語も省略されますので、「シアパ?」と
訊いてみると、意外に話がわかったりします。

ちなみにインドネシア語の「アパニャ?」は
バリ語では「アポ~イ?」だそうで、周りのバリ人は
毎日「アポ~イ?」と訊きあいながら会話してます。

どうやら、日本語の「あれどうしたっけ?」「ああ。あれですね」
っていうツーカーな会話は無いようです。 



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/31 22:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)