スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリの聖地 ヌサペニダのヒンズー寺院群 参拝の思い出 不思議?体験つきでした・・・ その2

ヌサペニダに着きました。
リゾート地だと思いましたので、
素敵な浜辺にオシャレカフェがあるかな・・・
ちょっと一休みもいいなあ・・・と思ってたんですが
やっぱり桟橋もない砂浜にボートは泊まり、
裾をまくって、ビショビショになりながら上陸。

ローカルの、普通のワルンが2件くらいあるだけで
同じくバリ人の参拝客しかいません。
どうやら地元参拝客専用の浜のようです。

しばらくすると軽トラの荷台にベンチと屋根を付けた
簡易ベモが来まして、それでお寺へ向かいます。

途中も、ちょっと哀愁を感じる町並みで リゾートは
どこに行ったのか・・・?と何だか不安になりました。

後で調べたら、島の裏側のようで、リゾート用の船着場
周辺のみ、別世界になってるようでした。

でも、リアルなヌサペニダもなかなか野趣あふれ、茶色の
土肌に真っ青な空、海草を干す海岸に、
エメラルドグリーンがグラデーションになった海の色。

そんな風景を、ドナドナの子牛みたいに揺られながら
見ていました。

20分位揺られて、最初のお寺に着きました。
(最初・・・これから忘れるくらいの回数、お参りします)

軽トラを降りると、道にまるで「巣鴨地蔵通り商店街」
みたいな看板がありまして、
お寺に登る階段も日本の観光地みたいに整備され、
屋根も付いてまして なんか気になります。

その階段が長い。ビル5階分位。またおしゃれサンダルが
うらめしい・・・

やっとあがると、意外とこじんまりした本堂がありました。

先客がお祈りするのを待ち、私たちのグループの番で、
いつもと同じようにお祈りをしました。

意外と早く終わったな、と思っていたら、みんなが階段と
反対のほうへ集まっています。あれ?と見ていると
岩壁の下へ降りていくようです。
訳もわからず、ついて行くと下へ行く穴が開いています。
階段ではありません。
鍾乳洞の横穴のような、足元の悪いところを降りると
人一人 やっと通れる岩の穴!!

閉所恐怖症の人は、絶対キャンセルですね・・・
私もこわがりなので、いやいや通りました。

またも他の女の人はソカシを持ったままです。

無理かと思うほどの狭い穴をくぐると、びっくりする
大きさの洞窟です。高さも広さも体育館くらいあります。

暗闇に目が慣れていないのでよくわからないのですが、
何か声が聞こえます。

   その3に続きます。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/29 00:00 ] バリの行事 | TB(0) | CM(5)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。