スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2017年最新版 バリの再入国許可(リエントリーパーミット)申請とアフィダビット申請方法

さて、久しぶりにブログを書こう、と思って
ブログを開くと、最後の記事が「ペンジョールを片付ける・・・」
なんと来週もペンジョールを片付ける日です。
ということは、7ヶ月何もしてなかったようで・・・

久しぶりにブログ書こう、いや書かねば!と思いましたのは
私、8年ぶりに日本に里帰りします。

インターネットのおかげで、ブルゾンちえみの新ネタも
チェックできてはいますが、
実は私、Suicaってヤツ
触ったことさえもない・・・もう浦島太郎並みですね。

私はKITAPという5年ヴィザでバリ島に住んでいますので
チケット買ったからといって、好きに日本に帰ってはいけないのです。
いや、いいんですけど、そうしたら5年ヴィザを捨てる、
という意味になりますので
「また戻って、このヴィザ使いますから、ちゃんと取っておいてね」
という許可を取らねばなりません。
それが再入国許可「リエントリーパーミット(Re-Entry Permit)」ですね。

そしてバリ人ハーフの息子も日本初上陸です。
バリで生まれて、バリから出たことありませんが
生まれてバリの日本領事館に
出生届と国籍の留保の届けを出してありますので
今は日本人とインドネシア人の両方の権利を持っています。

そういう子供が国外へ出る時、パスポートは何を使うのかな。
私は初め、インドネシアのパスポートでいいんじゃない?とか
思っちゃったんですけど(作成費用が安いから)
そうでもないんですよね。
で、日本のパスポートだけ作りました。
これはまた次の機会に書きます。

さて、私の再入国許可。
何が必要なのかな。友人に聞いてみると
「書類諸々と、そして一番大事なのが、ダンナ!」

なんと保証人である夫が同行していないと
受付が始まらないそうで、初回、何もできずにスゴスゴ帰ったそうです。

そっかあ、パスポートとキタスと夫持参かあ。
この夫持参ていうのが一番面倒なんですよね。
よそのご家庭は、奥様がどこへ行くにもマメなご主人が連れて行って
くれるんでしょうけど、
ウチなんて、全て自己解決ですかんね。
ナンデ オレニ イワナイノ~キミ~なんて言いますが
遅いんですよ、おけつを上げるのが。
待ってたら日が暮れるってのはこのことだ。

ですが、なんとかタイミングを合わせて、親子3人揃って来ました、
入国管理局。インドネシア語でイミグラシ。

私は去年、近所のバリ人娘さんのパスポート作成を手伝ってあげたので
来たことありますが、夫は4年ぶりかな。
車を降りてさっそく旧正面入り口に向っていきますが
そこはもう違うんだよキミ~
左へ周ると、ピカピカの建物があります。新入り口
DSC04787s-.jpg
どうして欧米人はどこでもノースリーブ短パンなのでしょうか。
インドネシアの官公庁へは、
肩やヒザが出た服装では入ってはいけないんですよね~ホントは。
もうイミグレの人も注意すんの疲れてあきらめたかな。

DSC04784s-.jpg
予定通り、12時40分には着きました。
入り口の横に整理券発券機があります。
インドネシア人がパスポート申請する場合、
確か朝7時半からこの整理券を取らないといけないんです。
この時間は、もう電源が切ってあります。
さて私はどこへいけばいいのかな。
どこかに発券機があるはずなんだけど。

夫は
ヘッ マダマダ ナンダヨ。1ジカラ。ナンカ タベヨ~ と
息子と売店に行っちゃいましたが、キミ、イミグレをなめんなよ。
こんだけたくさん待ってる人が、
1時にワ~って窓口に押し寄せるわけないじゃない。

入って左はインドネシア人用の窓口、じゃあ右か?
右の奥、突き当りのエリアにありました。発券機。
かつての受付と比べ、
いすは増えたし、フカフカだし、クーラーの温度もちょうどいいし
まったく成長したよ、インドネシアよ。

DSC04785s-.jpg
物知りそうな人に声を掛けて、発券機を確認。
押したら58番でした。あ、もう1枚。
「え?なんで2枚?」と男性に聞かれましたが
私の用事と息子の用事とありますからね。念には念を入れ。

1時ちょうどに職員が席に戻ってきました。
55番からスタート。あっというまに私の58番。
そこにのん気な父ちゃん登場。
ね?整理券取らなきゃ、もうすでに出遅れてたかんね。キミは

私は去年10年パスポートが切れましたので、バリの日本領事館で
新パスポートを作りました。
そしてインドネシアの5年ヴィザは今年の12月に切れますので
延長する必要があります。
そんな私は6月11日の飛行機で日本へ里帰りします。
そこでこちらの写真をご覧ください。
DSC04779s-.jpg
イミグラシの諸費用料金表です。
日本人にとっては当たり前ですが、
インドネシアではすごいすばらしいことです。
このブログの古い読者様なら覚えておいでか?
5年前にヴィザを作った時、
私から金をかすめとろうとして失敗していた職員の存在を。
あの時は壁にちいさ~く料金表が貼ってありましたが
今は、正面にドカンです。
ビタ一文もふっかけてきません。成長したんです。

DSC04780s-.jpg

DSC04781s-.jpg
私が作りたいのはこの写真のⅡの①です。
今回、叔父の法事で帰りますので、次はいつ帰るかわかりませんし。

そして、息子が作りたいのはⅣまたはⅤのアフィダビット(AFFIDAVIT)
この件についてはあとで書きますが、とりあえず料金はこんなんですよ。

さて、
「リエントリーパーミットを作りたいんですが。」
「パスポート、ヴィザを拝見。
 あなたの場合、ヴィザは12月までですから、今日申請するなら
 1年有効1.000.000ルピアのになりますよ。
 6月に入ってから申請したら、6ヶ月有効の600.000のも選べますよ。」
「安いのがいいです。もちろん。でもチケットは6月11日なんですけど」
「え!ちょっと待ってください。
 6月に申請したとして、1日は祝日だから2日に申請、
 あれで3日間、これで3日間・・・
 ああ、お渡しは12日月曜日ですよ・・・」

ここで、ガッカリするとお思いでしょうが、ワタシャちょっと感心しましたよ。
以前なら、ハイ今作れ、ハイ1ジュタ払え、え?6ヶ月のがいい?
じゃあ6月に来い、
はい、間に合いませんでしたね~で済まされちゃってたと思うんですよ。

で、それじゃあ困るからなんとかして、って言うと
後ろから金くれオヤジがノソッと出てくるけど、
若い職員は見てみぬふり。これがパターンだったと思うんです。

でも今は、ちゃんと祝日も数えて考えて、しかも何々が3日で、と
ちゃんと決まっている!すばらしい・・・

このたまたま担当した女性職員。会ったことあるな・・・
あ、5年前のツンデレ職員さんじゃないですか。(過去記事ご参照)
あいかわらず仕事できますね~
前は一人で窓口の仕事全部やってたけど、
いまはお友達増えてよかったね~

「あのう、友人がね。たとえヴィザの有効期限が終わってても
次のヴィザの期間に繰越できるって言うんですよ。
だから2年有効のを作って、
次のKITAP期間で使いたいとも思ってるんですが」

「ヴィザがないのに再入国許可をどうやって使うんですか?
そんなの発行するなんておかしいでしょう?」

「つまり友人の勘違いですよね」

「そうです。」

というわけで、今のヴィザの有効期限に準じますのよ皆様。
だからたった1日多いだけで1年分買わないけないんですが
日本円にして、3418円が惜しくて、叔父の法事に出ない、というのは
人としてどうなのか。そもそももうチケット買っちゃいましたし。
なので
「しょうがないですね。お願いします」といったら
「maaf (すみませんね)」と!

な、なんと。あのツンデレ嬢が。刺青だらけの極悪外人に
キッツイ言葉を浴びせていたあの子が、すみませんだと!
成長したなあ・・・インドネシア。おばちゃんは感無量だ。

ですが、問題はもう一つ。
私が作った新しい日本のパスポート。
それをまだイミグレに届けていなかったので、
その届けをしないといけないんだって。

2階の隅っこの、でも快適な温度のお部屋で書類を2枚書き
・夫のKTPのコピー(A4サイズ以外ダメ~)
・古いパスポート原本とコピー1枚
・新しいパスポート原本とコピー1枚
・ヴィザの青い本原本と写真ページのコピー
・KITAPのコピー(A4に両面が写っているもの)
 →イミグレのコピー屋でやれば超上手
・最後にインドネシアに入国した時のパスポートのスタンプのとこのコピー

以上を揃えて、提出。
そしたらなんと月曜日まで全部お預け。あらら。
なんか朝から鼻息荒く来たのに。

でも同時に済まそうと、一張羅のシャツまで着せて来た息子のほうも
DSC04786s-.jpg
こちらアフィダビットに必要な書類。
これは受付で見せてくれたもので、私が2階にいる間に
夫がコピー取るから貸して!と持ってきたもの。
そういうところはさすがだ、夫よ。
コピーじゃなくて写真に撮りましたが。

この6番。父母の結婚証明書。
あ~ 思いつく物全部持ってきて、
もう小学校の通信簿(在学証明書がついてるから)まで
持ってこようと思ったのに、これは思いつかなかった。
持ってこなかったなあ。

そして10番の背景が赤の証明写真。
あ~ こないだ日本のパスポート作るのに白の背景のは撮って
まだたくさん残ってるけど、赤かあ。
そうよね、インドネシアは証明写真は赤なのよね。

というわけで、結局今日はここまで。

そして月曜日の11時以降に預けたパスポートを取りに来てください、
といわれたけど
え~また夫を持参するの~?それ超ダルいんですけど。

「もう申請書類を渡しましたから、
 あとはご主人のサインが書類にしてあれば
 来なくても大丈夫ですよ」

やった~
息子と二人なら、かったるくないですよ。

しかし、400.000ルピア・・・
しょうがない、息子のアフィダビット。
ELEKTORIK (電子) カードだと350.000ルピア
電子じゃないと150.000ルピアだというじゃないか。
じゃあここから経費削減で、電子じゃないヤツにしよう。

ところで電子と電子じゃないカード、使い方でどんな違いがあるのかな。
使うたびにポイントでも溜まるんかい?
どなたか教えて下さい。

追記 (重要)
上記の「ⅣまたはⅤのアフィダビット(AFFIDAVIT)」

または、ではありません。両方ですよ!

実は、この「または」という知識、他の方のブログで拝見して
そう「思っちゃった」んです。

で、受付で
「電子じゃないアフィダビット150.000ルピア、
 電子アフィダビット350.000ルピアだそうですが、
 いつ選べばいいんですか?
 ウチは安い方でいいんですけど。」

「え?・・・両方、二つお出ししますけど・・・」

「え?二つも要りません。一つあればいいです。」

「いやいや、そういうことではなく、
 電子じゃないのは「証明書」です。
 電子の方は携帯用のカードです。」

「あ、そういうこと!」
「そうです、そういうことです。
 選べるってわけないじゃないですか」
「ですよね~」
で、その場にいたみんなで笑っちゃったんですわ。

つまり150.000+350.000=500.000ルピア
支払う、ということです。

んんん~じわじわ増えるな、経費が・・・

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2017/05/04 23:23 ] バリ島で書類作成関係 | TB(0) | CM(0)

バリ島で日本のパスポート更新 証明写真はちょっとだけ美白

DSC00959s-.jpg
10年なんて あっという間ですね・・・ 
息子が7才だから、もう そうかあ。

なぜか ワタシ、勝手に パスポートの更新は
2ヶ月前くらいからと思い込んでたんですよね。
領事館のサイトを見たら、1年前からできるんだって。

なんで今、更新しようと思ったかと言うと
確か、インドネシア入国は
パスポートの期限の残りが6ヶ月なんですよね。
(これ、絶対ですよ。
これで日本へ逆戻りした観光客の方いますから)

6月に日本へ一時帰国しようかな、って少し思ったんですけど
行っていたとしても戻って来れなかったなあ。
つまりもう使い道のない状態のパスポートな訳です。
期限の11月まで インドネシア国外に行く予定もないですが、
3ヶ月間の有効期間の時間を稼ぐよりも
いい機会だし更新しておこうか、と思います。

で、気になる証明写真。
なんで気になるかというと、世界に誇る日本のパスポート。
顔のサイズが3.4センチ。3センチか 4センチじゃないですよ。
ぴったし3センチ4ミリ!
そういうと田舎の写真屋さんだと ビビッちゃうんですよね。
なんでも「ビサ~」って言っちゃう気前のいいバリ人にして、
「サヤ ティダビサ・・・」と言わしめる難しさ。
(デンパサールでも1軒目では断られました)

しかも背景は白でしょ。インドネシアは背景が赤が普通だから
写真屋によっては、背景の色を加工するんです。
(ウチの近所の店は白い布を使ってくれる)
その時の、何ていうの・・・マウスの使い方がヘタだと、
やたらカクカクした頭の形になって、
それで領事館でNGが出たらイヤじゃないですか。

なので お友達に教えてもらった写真屋さんへ行きました。
なんでも美白に修正してくれるとか。
アジアの写真屋さんで よくあるサービスですね。

ウダヤナ大学の前を南に進み、
三叉路を右に曲がってすぐの左側です。
駐車スペースが全然ないので、
そのまま直進、三叉路を左(または右)
その大通りには有料の路駐スペースがあります。
優秀な駐車場係のおじさんもいるし。
私は左折して停めて、サンラー市場を通り抜けて
写真屋さんまで歩いていきました。
DSC00953s-.jpg

写真屋さんは中華系の若いママさんと、
バリ人っぽい、ひたすら暗い「うすいさちよ」さんみたいな
カメラマンの女子の二人。

うすいさん 「なんに使う写真ですか」
私      「パスポートです」
うすいさん 「どこ行くんですか?」
私      「・・・私、外人なんですよ」
うすいさん (ニヤリ)

外人は、バリにただ存在するだけでも パスポートを使っている、
ということが うすいさんに伝わったかどうかは不明ですが、
不敵な笑いはゲットしました。

そして加工。
若いママさんもニコリともしない人ですが、
黙々と加工していきます。
顔の大きさ3.4cmピッタリ。背景の切り取りもバッチリ。
そして頼んでもいませんが、
私の小ジワだの大シミだの首のシワの消去とか、
もちろん不自然にならないくらいの美白だの
いろいろイイ線ついてます。

最近 気になる 前髪生え際の薄さも、
ナナメの黒い線を引いて 増毛してくれないか頼んだら
「ティダビサ」と笑われてしまいました。
ここでも笑いをゲット。
(でも冗談じゃなくて わりとマジだったんだけどな・・・)

加工して プリントアウトして ハサミで切って できあがり。
混んでいなければ、すぐできます。 22.000ルピア。
その後、日本領事館へ向いました。

領事館前に着くと、11時59分。
まあだいたい いつもそういうもんですわ。
午後の開館は1時30分から。
散歩しながら時間つぶしします。
領事館の南側は、閑静な高級住宅街です。
碁盤の目のように作られた道に
豪邸、領事館、空き地、牛、企業の事務所・・・みたいに
バリの昔と今が並んでいますね。

持ち物は今のパスポートと、写真1枚のみ。
支払いは受け取り時です。
3日掛かると言うことでしたが、水曜日には もうできてるって。
中一日ってことか、早いなあ。
日本で更新だと何日かかりますかね?
金額も日数もバリの方が いいような気がする。

てっきり「預り証」みたいのがあると思ったんですが、
ないんですって。
なので受け取りに行くまでパスポート無し。
そうか、そうなんだな。
別に困らないけど、
銀行の口座開設とか定期預金解約とかは予定している人は
気をつけないといけませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/08/02 15:30 ] バリ島で書類作成関係 | TB(0) | CM(0)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。