スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2 タダで健康になりたい。 パパイヤの葉っぱは 食べられます!


初めてパパイヤという名前を聞いたのは
「君たちキウイパパイヤマンゴーだね」という歌でした。
・・・よく考えれば、なんだか分からないタイトルですね。

そして初めて見たのは、ファミレス デニーズかな?
夏季限定のデザート、パパイヤボート。
楕円形のオレンジ色の果物。マンゴーとの違いが分からなかった。


そして、バリ島に来てからパパイヤを買おうとしたら
もはや楕円形ではなく、・・・円筒?砲弾? でかいです。
そんなデカイ実が鈴生りにぶらさがっていました。
見ていると母性を感じます。
pohon papaya
(これはウチの叔父の畑)

このパパイヤの実ももちろん体にいい食べ物ですが
今回注目するのはこの手のひらみたいな形の葉っぱ。

私、実は2年前の2月にデング熱にかかっちゃったんです。
デング熱の重症度は血小板値で決めるようです。
100以上は軽症で、
かかったとしても自宅で安静にして治療することもできますが
100を切ってしまうと、点滴をしないといけないので
入院治療になります。
そんな中、私の数値は21 
0になると瀕死ってことですので
なかなかヤバイところまで行ったらしい。
でも当の本人はそんなに悶絶したわけでもないんです。
ただ喉が痛くて、水を飲むのさえも辛かったのですが
寝たきりではなく、トイレも体を拭くのも自分でやってました。

その病後。普通の生活に戻っても、すぐ疲れちゃう。
1枚皿を洗っては、ふう。 ご飯を研いだら、ふう。
倦怠感がなかなか取れませんでした。
そんな時、医療系のマッサージに行ったんですが
そのマッサージの先生が
「パパイヤの葉っぱはもう試しましたか?」と教えてくれました。
P1090015s-_20160324165527c6a.jpg
パパイヤの葉っぱが何に効くのか知らなかったのですが
解毒作用に優れているそうなんです。
葉っぱを取って干して、煎じてお茶みたいに飲んでもいいし、
野菜のように料理して食べてもいい。

早速試そうと思いましたが、
私、パパイヤの木を持ってません。
パパイヤというのは、一つの葉っぱに一つの実が付くそうです。
なので葉っぱをもらうというのは、
つまりあの巨大な実も一個もらうということで
近所の人に頼むのも気が引けてました。

それでその時は代わりにモリンガの葉っぱを食べてましたが
(モリンガは次回のテーマにします)
先日、裏の草取りをしてましたら、
雑草にまじってパパイヤの苗が斜めに伸びてました。
風に乗って飛ぶような種じゃないですから、
誰かが食べて捨てた種が芽を出したんですね。

桃を拾ったおばあさんみたいに、
家に持ち帰り、鉢に植えてみました。
P1260077s-.jpg
小さい鉢なのにジワジワ伸びています。
斜めに曲がった幹もまっすぐになっていってます。
これはマイパパイヤなので
遠慮せずに下から大きくなった葉っぱを取って
小さく切ってスープにしてみました。
お茶でもいいけど、丸ごと食べた方が効きそうでしょう。

シンプルにコンソメの素だけと煮てみました。
お味は、すごい!にがい!
味の素のコンソメの味を打ち消すほどの苦さ!
前回のプレの葉っぱも次回のモリンガもそうですが
どうやら「苦さ」に毒消し効果があるようですね。

パパイヤの激苦コンソメ仕立も慣れるとなかなか美味でして
葉っぱが大きくなっては食べてます。
でも、さすがに味噌汁には合いませんでしたがね・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/03/24 17:00 ] バリの薬草 | TB(0) | CM(4)

タダで健康になりたい。バリのそこらへんの草を食べてみる。

バリ島で有名な街ウブドの語源は「ubad」(薬草)だとか。
私の住む村はそこから北へ少々のところです。
今でこそ、近所に国営診療所があり、
手続きをすれば無料で診療、基本の薬をもらえます。
ですが ちょっと前まで
いや今でも病気になったら民間療法で治す人が
少なくありません。

息子が1歳未満のハイハイ期に、
遊びに来ていた従兄弟たちに もまれて柱におでこをぶつけ、
すっごいでっかいタンコブができた時、
周り全員パニックになりましたが、そこで用意されたのが
素焼きの鉢と白檀の塊。
こんな時になんだい!白魔術でもするんかい~
と思いましたら
白檀の塊を鉢ですりおろし、ペーストを作り
タンコブに塗りつけました。

まったくなんだか理解不能でしたが、
それは腫れを引かせる作用があるらしい。
しかも香木の白檀のかたまりなんて、
お金を積んだとしても そうそうあるもんじゃない。
それが たまたま隣の家にあったんですね。
たとえあれで救急病院に担ぎ込んだとしても、
できることは湿布薬と脳波の検査くらいの治療でしょうか。
それで早期治療ができたおかげか、タンコブもなくなり
オツムにも問題もありませんでした。

私が初めてバリの薬草を飲んでみたのは激しい歯痛の時。
薬局によくある鎮痛薬も飲みすぎで効かないような、
しかも飲みすぎって後が怖いなあ、と感じていた時
近所の人が おもむろにウチの庭木pohon pule の葉っぱをむしり、
おままごとのように水で揉んで
(さすがに水道水じゃなくてミネラルウォーター)
「葉っぱジュース」を作ってくれて
「これでうがいしなされ」と。

あとで作ってみました。
P1130356s-.jpg P1130357s-.jpg

P1130361s-.jpg

P1130364s-.jpg
言われるままにこれで痛い歯をすすぎましたら、苦いのなんの。
ドクダミのような味か。(ドクダミ飲んだことはありませんが)
でも、なんだかちょっとさっぱりしたような、
痛みを忘れたような(苦くって)
とりあえず歯医者の予約時間になるまで、
それで歯をすすぎながら我慢しました。

化学的な鎮痛剤じゃない葉っぱだし、
なにしろタダだし、
これで痛みを抑えられるなら、葉っぱで十分です。
それ以来、胃が痛いとか胸焼けとかの時には
ちぎってモミモミして なんと今では飲んじゃってます。
青汁かと思えばね。
なんたってタダだし~

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/03/20 11:30 ] バリの薬草 | TB(0) | CM(2)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。