スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドネシアの食べるラー油か食べる味噌か。サンバルを作ってみました。

初めてバリ旅行した時、(いや2回目か?)
ガイドしてくれた日本語カタコトのバリ青年に

「サンバルって日本語でなんだろう?」ときいたら
「う~ん・・・サンバルは・・・サンバルだよ」

そのサンバルの意味を知りたかったんだけど、
なるほど難しい。簡単には日本語に訳せません。
よくある「チリソース」という意味だけではありませんのよ。

肉に、野菜に、スープに合わせて食べる。
日本語なら「薬味」が一番近いんじゃないかと思ったんですけど
ときどき主菜になってたりする。(つまりサンバルとご飯だけ)

最近、いいのを見つけました。
「つけてみそ かけてみそ」


私は名古屋にゆかりがなく、
名古屋弁を調べている時にみつけたんです。、
名古屋の人って、八丁味噌が大好きで
ないとご飯が進まないんですって?
まさにそれ。
インドネシア人もサンバルがないと飯食った気がしないらしい。

サンバルは基本、塩味か辛味があるペースト状ならいいようなので、
サンバルなんとか、というレシピがたくさんあります。
サンバル トマトとかサンバルマンガ(マンゴー)とか
サンバル チャべ ヒジョウ(緑唐辛子)とか

ということでインドネシアの
食べるラー油か? ↓こんなの


食べる味噌か? ↓こんなの


サンバルを作ってみました。
ウチにあった物で作りましたので名づけて「サンバル適当」

P1260292s-.jpg

材料 ミニトマト 1個
    バワンメラ(小玉ねぎで代用可) 片手に乗るくらい
    にんにく  3カケくらい
    唐辛子 3本くらい
    食べ残しのピーナツ
    サラダ油 大さじ3くらい
    トゥラシ(インドネシアの固形えび魚醤)親指の爪くらい
    コンソメか味の素
    塩
    砂糖

サラダ油でトゥラシを炒めて、香りを出します。
無ければ使わなくてもいいんですが、
なるべく風味を近づけたいなら
ナンプラー(魚醤)で、だいぶ近くなります。
トマトなどを炒めます。
調味料を入れてさらに炒めます。
いい感じになったら、火から下ろして
すりこぎとか離乳食つぶし器などで、全体をつぶします。

朝のオカズは厚揚げ豆腐にこのサンバルと
和風おひたし

私  「お味はどう?」
息子 「このサンバル! ・・・ちょっと おいしくない」

え!じゃあ、ダメじゃん。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/03/15 15:00 ] バリ料理レシピ | TB(0) | CM(0)

どこでも売っているお手ごろな干魚でバリの料理、サンバルマタを作りました。

バリ料理で美味しいものってなんですか?と聞かれたとき
実は私は答えられません・・・
バリで美味しい物って、中華料理だったりイタリア料理だったり
純バリ島料理って訳でもないんですよね・・・。

バリの人は食生活がシンプル。
シンプル過ぎるほど、身の回りにある食材だけを食べています。
主食は米。パンはお菓子。麺なんてオカズ。
それでも最近は高度経済成長で、
バリ料理よりパスタやピザが好きなバリっ子が増えています。

私はバリの食べ物で何が好きかなあ。
バビグリンはあれば食べるけど、くらいでして。

でもこれはおいしいですよ。おススメできます。
それは、「サンバルマタ」
サンバルマタとは「生サンバル」と言う意味で、
サンバルとは日本語で何かいい訳がないかと考えると
ううん・・・薬味かな。つけ味噌っぽくもあるし。
食べる味噌?ごはんの友?そんな立場のものです。

sanbal mata
材料は、上から 
とうがらし 適量
レモングラス 適量
バワンメラ 適量
トマト    小一個
レモという柑橘の木の葉っぱ 少々

そして左の赤紫の謎の物体がTERASI (トゥラシ)
terasi
エビで作った味噌のような物です。(大豆は入ってませんが)
各国にこのような発酵調味料があると思いますが、
これも同様にお父さんの靴下のにおいがします・・・

これは生、未加熱なので、このように串の先などに適量くっ付けて
ガスの火であぶってから使います。

上の材料を細かく切ります。
ココナツオイル(またはサラダオイル)と
塩、味の素、あぶったトゥラシとよく混ぜてできあがり。
とても簡単です。
P1100661s-.jpg
オシャレに言うとアンチョビを効かせたオニオンサラダみたいな。

それに揚げたり茹でたりした鶏肉を細かく裂いて、混ぜると
アヤムサンバルマタになりますが、
鶏肉が無くて、
こさばの干物(ピンダン 1匹約45円)しかなかった・・・
P1100657s-.jpg
なので、軽く茹でて裂いて

P1100664s-.jpg
盛り付け例 (トウガラシどっさりのお父さん向け仕様です)

バリの田舎の人は、一つのお皿にご飯とオカズを盛って食べます。
オカズは少なめでご飯を食べるための付属でしかありません。

先日夕食前にどうしても腹が減った夫が、叔母になんかない?と
きいてもらってきたご飯が
P1100633s-.jpg
サテ(つくね揚げ串)と揚げた辛いサンバルと大量の白米・・・

バリの田舎の人は、普通はこういう物を食べています。
お金がないとか言うわけではなく、
こういう食べ方が体に合っているようで、みんな元気で長生きです。

日本の会席料理みたいにちょこちょこ出てきて1時間掛けて
最後にやっとごはん、なんて見たらビックリするだろうなあ。


新生、当ブログにネタご提供、
「売りたい買いたい」
「探してます」等の情報掲載ご希望の方は、ご連絡くださいませ。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/07/09 22:00 ] バリ料理レシピ | TB(0) | CM(0)

7ヶ月に一回ガルンガン・クニンガン恒例のバリ料理を作ってます

ガルンガン・クニンガンとも前日は
「Hari Penampahan」と言いまして、
ウチの地方では具体的には、地域共同で豚を精肉して、
料理の準備をします。

早朝、当番の男性が豚を解体・精肉して、いろんな部位が入った
「お徳用豚肉セット」を世帯数作り、それを各世帯が買います。
みんなでまとめて1頭の豚さんを買って分ければいいお肉が安く買える、
という生協みたいなことです。

ウチは3世帯、義父・叔父・夫のところに配られますが
ウチの親子三人で大量の肉は、はっきり言って不要なんですが
買える家が「ウチは要らない」といって抜けるのは
気まずいらしいんです。
多すぎて要らないなら、買ってから買うお金のない人にあげればいい
ということだそうで。

なのでつい先日どっさり来たお肉は食べる分だけ料理して
あとは、薄切りにして冷凍しました。
生き血とか心臓とか、どうにも料理できないものは叔母にあげました。

そしてまた今朝、大量のお肉(超ブツ切り)が届きました。はああ・・・

ガルンガンの時は従妹に「腸をちょうだい」と言われあげてしまったので
バリのソーセージ、ウルタンが作れませんでしたが、
今回はちょっと長めの腸が入ってましたので、
息子用にウルタンを作りました。

お肉セットの写真も撮ってもいいんですが、
ホントに豚さん全身の部位がブツ切りでおまかせ詰め合わせになって
ビニールに入って来ますので、
パックされた精肉しか見たことない人には
衝撃問題画像になってしまいそうなのでやめときます。
前回のガルンガンの時は鼻が入ってましたっけ…

この石臼でニンニクやウコンなどの生の香辛料をペーストにします。
P1080090s-.jpg

それを細かく切ったお肉(赤身と脂身を適度に混ぜると良いですね)と
合わせます。
P1080091s-s-.jpg
塩も入れますが、生肉の味見はできないので目分量で。

よく洗って裏返した腸の端を木綿糸でくくって、
このスパイスをまぶしたお肉を詰めます。
P1080094s-s-.jpg
反対の端もくくって、下ゆでします。
ついでに、後日の豚の角煮用に冷凍しておきたい三枚肉もゆでてます。

火が通ったようなら、お湯から上げて今度は油で揚げます。
P1080096s-s-.jpg P1080097s-s-.jpg
こんがりしたら、裏返し。
普通はこんなにパンパンになるまでお肉を詰めないのですが
腸があまりなかった、しかし息子はたくさん食べるだろう…
なので限界まで詰めてます。
なので、揚げると爆発しますので、所々に針穴を開けましょう。

一方、父子は
P1080089s-.jpg
こちらも欠かせない「Be Genjol」という豚の煮物に入れる
若いジャックフルーツ(ナンカ)の実を切ってます。

さっき叔父が使っていたまな板をそのまま借りています。
地べたで料理してますが、バリでは普通です…

さっきのバリの生スパイスペースト(Base Gede)を
湯がいたブツ切り豚肉とナンカにまぶして、水を入れて煮込みます。
P1080092s-.jpg
細長いのはレモングラス、黒く見えるのはJanggar Ulamという葉っぱです。

P1080100s-.jpg
煮物はまだ煮足りませんが、記念撮影。

これだけだと野菜が足りないところです。
そしたら夫の友人が
P1080102s-.jpg
Lawar という肉と野菜と香辛料の和え物を持ってきてくれました。
美味しいけど辛くて食べるのが疲れる。

さらに近所のおばさんも
P1080108s-.jpg
スターフルーツ(Balimbing)の葉っぱのラワールだそうです。
栄養があるそうです。ほろ苦い葉っぱだからポリフェノールかなにかかな?
これはおいしかった。ご飯がすすみました。

こんな物を食べながら、ガルンガン・クニンガンはゴロゴロと過ごすのが恒例です。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 3.300.000
(60日目から割引があります)

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/01 23:30 ] バリ料理レシピ | TB(0) | CM(2)

比較的ヘルシーなサンバルの作り方ご紹介。そもそもサンバルってなんなのだ?

バリの料理のことを知って間もない頃、
サンバルって、こういうものだと思ってました。


ワルンやレストランにはテーブルに置いてあったりしますが
バリの一般家庭には意外とこの既製品のサンバルは無いんです。

でも手作りのサンバルは必ずオカズ棚のすみに置いてあります。
IMGA0386_convert_20121218190256.jpg
こういうヤツですね。
これはトマト・トウガラシ・ニンニク・バワンメラ(小たまねぎ)
塩の他、好みでスパイスが入ってます。

サンバルマタ(生サンバル)という加熱してない物もあります。
(写真はありませんでした)

じゃあ、こういう物が「サンバル」なのかな?と思ったら

IMGA0355_convert_20121218153021.jpg
こういうものも「サンバル」というそうです。

↑こちら「サンバルグラン」(小魚の揚げサンバル)

材料  干し小魚
    ピーナツ
    ニンニク
    バワンメラ(なければ小さい玉ねぎ)
    トウガラシ
    塩
    揚げ油
    お好みでトゥラシ(インドネシアのクサイ調味料)

   中火でそれぞれをこんがりカリカリに揚げます。
   まとめてでも、時間差でも別々でも作る人の
   やりやすいように。

   揚げた物を合わせて、塩を適量かけて混ぜて
   できあがり。
   トゥラシを使う場合は少量の油で炒めて香味油を作るように
   加熱して混ぜましょう。

油分はありますが、カルシウムとかビタミンEとかが豊富。
バリでも日本でもお手軽に作れます。

これは・・・例えればふりかけだなあ。
つまりご飯のお供の塩気のある薬味を「サンバル」と呼んで
いいのでしょうかね。
   
あの頃、バリの友人、デワライ君に
私「サンバルって日本語にしたら何だろう?」と訊いたら
デ「ん?・・・えー サンバルは・・・・・サンバルです!」

そうだね。サンバルはサンバル以外に言葉はないね。

ところで、上の小魚のサンバルの写真。
これは縮小加工してるので時刻が変わってますが
オリジナルは2012年12月12日12時12分でした。
ブログに載せようと開いてみたら、あらゾロ目。

こんな特別な瞬間、私は昼のオカズの写真を撮ってました。
いい記念になりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/18 20:00 ] バリ料理レシピ | TB(0) | CM(2)

バリの老若男女の好物 揚げジャックフルーツ godoh nangka

先日、叔母が甘く熟したジャックフルーツ(nangka)を
くれました。

私も息子も好きなので、
ほっとけばそのまま全部食べちゃいそうでしたが
手を加えて揚げバナナ、ピサンゴレンならぬ
揚げジャックフルーツ、ナンカゴレンにしました。

IMGA0737_convert_20121019083612.jpg
これがジャックフルーツの中身。
繊維質の果肉に種が包まれてます。
まだ熟していないジャックフルーツは、煮物にしてオカズとして
食べます。
その時の種はやわらかいので、栗みたいな食感でおいしいですよ。
IMGA0740_convert_20121019084041.jpg

果肉をほぐします。
ベタベタまとわりつく時は、
指にほんの少し食用油をぬるといいです。
IMGA0741_convert_20121019084449.jpg

お好みの溶き粉を作って(これは小麦粉と砂糖と水だけ)
揚げます。
パンケーキミックス等だと、さらにおいしいでしょうね。
IMGA0742_convert_20121019085806.jpg

叔母は夫がお客様にもらったのとか、
私が街で買ってきたお菓子は食べなれてないので
コワくて食べないそうなんですが、これは大好きなようです。

こういうバナナなどを揚げたのをバリではゴドーといいます。

以前、北隣にゴドーを買いすぎたのでおすそ分け
いろいろ持って行ったけどひいじいちゃんしか家にいない。
大丈夫かな・・・とあげてみたんだけど、難なくおいしく
食べたそうです。

小さい子もひいじいちゃんも大好きゴドー。

でもナンカ(ジャックフルーツ)は精が強いので
食べすぎ注意。下痢か便秘か胸やけになります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/10/19 13:00 ] バリ料理レシピ | TB(0) | CM(2)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。