スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリ島で初めて車の運転をしてみた。そして釣り銭をだまし取られたような気がする。

パヤンガン市場のドリアン売り場がアツイ!
DCF_0001s-_20130217204204.jpg
先日のブログで紹介したら、予想外に反響のあった指輪売りのおじさんも
ドリアン屋の奥でいつものようにせっせと磨いています。

先日、ロビナへ行く途中買ってもらって食べたドリアン。
産直だからきっとおいしいだろう、と思いきや
全然熟してなくて、歯ごたえサクサクするドリアンでした。
おいしいかマズイか開けてみないとわからない、
安い物じゃないから、ギャンブルっぽいですよ。
みんなでクンクン嗅いだり、ジロジロ見て鑑定して食べるのも
ドリアンの魅力のうちかも。


昨日、思い立って車の運転の練習をしてみました。
運転自体4年ぶり。マニュアル車は十数年ぶり。
結構緊張しています・・・

練習で家から近所のお寺の駐車場まで行ってみて、
案の定ほんのわずかの坂でエンスト。
席は一番前まで引き出してるんですが、足が届かない・・・
なので、家に戻りクッション持って、ビーサンをカカトのあるクツに履き替え
再出発。

ちょうど机上ランプの電球がおかしいので、隣村にできた電器屋に修理に
行ってみます。

クッションを背中に当てたら、クラッチがちゃんと踏みきれるように
なったので、エンストはしなくなりました。

運転してみて再認識。
バリのみんな、バイクの運転の仕方が自由すぎ。
思い思いのシュープールを描いています。
夫の助手席に乗ってるときから、よく夫が
「なんでココに駐車する~?!」
「あの娘、ぜったいフェイスブックしながらバイク運転してる・・・」と
ボヤいてましたが、その通り。

私のうしろを走る、若者2人乗りの運転してる方が、携帯で何かしながら
ハンドル握ってるのがバックミラーに見える・・・
つまりまわりを何も見てない時間があるわけですわ・・・
くわばらくわばら。
前にいるバイクなら車間距離を取れるけど、後ろにいるヤツはどうにも
避けられないからなあ・・・なんて悩んでたら、どっかに行きました。
こういうのは、都市部より田舎に多いです。

無事何とかお目当ての電器屋につきました。
デザインはダサいけど愛用していた電気スタンドが、電球を替えても
つかないので見てもらったら、中にヒューズが入ってる物らしく
それが切れているから付かない、
でもここにはそのヒューズは置いていない、ということでした。

ヒューズといえば、バリの電化製品にぜひとも付けたほうがいい
変圧器?電圧安定器?STABOL(スタボル)

本当は、STEP UP BOLT というんじゃないか?とのことですし、
他にも呼び名があるようですが。スタボルと言えば電器屋さんは
みんな一発でわかります。

バリでは電圧が220Vで日本より大きいし、
それが電力不足で小さくなったり大きくなったりしながら流れてきます。

小さくなった時とか停電した後、いきなりガツッと流れ始めて、
それが繊細なPCなんかに当たると、
壊れてしまうんじゃないかと言われています。
日本製だけじゃなく、インドネシア製の電化製品も壊れるのが早いですが
製品のせいだけじゃなく、電力供給のせいも大いにあると思うんですよね~

で、ウチではスタボルを2個付けて、大事な家電はそこからコンセントを
取ってます。
ある時スタボルが壊れまして。
家電が壊れるよりはマシですが、それでも25万ルピアだったかな?
とはいっても使い捨てできる金額じゃないですが、購入した店では
修理は出来ないとのこと。

2個目を買ったんですが、→その記事
それも壊れまして、がっかりしてましたが
取替え用のヒューズが付いてまして、それを替えたらついた!
IMGA0001 (2)s-

もしかしてそのヒューズ、この店にも売ってる?と訊いたらあった。
しかも1個1000ルピア。

1000ルピアで家電を守れるならいいわあ。
で、予備に2個購入。
電球を買っても、ヒューズを買ってもチェッカーで壊れていないか
検査してから売ってくれるので、
この店いいな。何かあったらまた来よう、と
丁寧な領収書をもらって、おつりも
「1000ルピアコイン2個でいいですか?」というお愛想まで言ってもらって帰り、
市場で他の買い物をしようと財布を見ると、22000ルピアあるはずなのに
12000ルピアしか見つからない。

ああ、もしかしてさっき12000しかくれなかったかも?
他のは大きい紙幣なので12000しか財布に入ってないのは
間違いないのですが・・・

私が落としたのか?それともあの感じのいい店員さんがちょろまかしたのか?
悶々してましたが、今日の第一の目的は運転の練習。
もう一度電器屋へ行ってみました。

店員さんは確かに2000ルピアコイン2個と10000ルピア紙幣2枚渡しましたよ、
とのこと。
時々インチキ両替商に文句を言うとお金が返ってくることもあるのですが、
この場合は、店員さんの心意気に任せるしかない、というか私が駐車場で
落としたかもしれないし。

でも、まあすっきりはしました。ちょろまかされたとしても、
プレッシャーはかけたから、次回買い物に来た時はお互い警戒するだろう。
清潔な店構えで安心の村のコンビ二も、最近おつりをごまかす店員が
いるそうです。
以前行った時は、接客サービスが最高で感激したんですが、
そういうのも店員さん個人の資質によるところが大きいですね。

初めての運転で緊張してて、すっかり慣れたはずの村の買い物も
失敗してしまいました・・・

日本だと、ボケーっとコンビ二で買い物してもほぼ何も起こらないけど、
道路にしろ、コンビ二しろ、いつでも自分で確認、自己責任。
それは当たり前だけど、安心の日本から来た人にはやっぱり疲れるわ・・・

ああ、ドリアンの味も自己責任か・・・


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/18 13:00 ] バリ島で車の運転 | TB(0) | CM(6)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。