スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドネシアのTVで「ラストサムライ」の放映があったんですが、

IMGA0592_convert_20121002143346.jpg

4日前、トムクルーズの「ラストサムライ」を
TVでやってたんです。


最近、インドネシアの普通のテレビ局でも有名な映画を放映したりするので
楽しみなんです。

私はこれを見たことがなく、しかも今回もながら鑑賞だったので
ところどころですが、たまたま見た場面が
トムが日本の鉄砲隊を挑発してピストルを打つシーン。

鉄砲隊に「※※!」って叫ぶんですが、なんだかよく聞けなくて
「ん?」と、やっていたことの手を休めてじっと聞いたら

「ううって~」

ん?? あ!「打て!」か?

それも演出のうちでしょうが、初めの方はトムの日本語の発音が
よく聞けなくて、インドネシア語の字幕が付いてたので
わかった、と言う感じでした。
(でも後半、発音上手になってましたよね!
 さすがハリウッド俳優

で、劇中のトムと同じく、地元民に囲まれて暮らすワタシ。
(さしずめ唯一英語を話す渡辺謙が、ウチでいう夫ですな)

ローマ字で書けば「打て」は「UTE」ですが、このままアメリカ人が
(インドネシア人も)発音すれば、「U」の音が、口をとんがらかせて
強めに言う発音なので、ううて~になりますね。きっと。

でも日本語だと軽く口をすぼめて息を吐くだけ。

なので日本語をローマ字通りに発音すると、結構違う音になってしまう
単語があります。

例えばウチの息子ソラ。ローマ字表記はSORA
例えばSOLAにしたくても、日本のお役所関係ではLは使えなかったと思います。
(今は変わったかな?)

で、SORAですが、バリの人が発音すると「ソルゥア~」舌、巻き巻きです。

根本的に賢いお向かいの中学生アデちゃんが
「ソラはSORAなのに、どうしてソラのママはSOLAと発音するの?」と
そこらの鼻たれ小僧には思いつかない質問をしまして

「むむ!この娘はカシコイ!」と思ったものです。

答えは「日本人はRとLの区別ができないのよ」
(出来る人もいますがね)

バリ人は「おじさん」と「おじいさん」の区別ができません。
息子も今はインドネシア語寄りの頭の思考回路なので
「おじいさん」という長音がニガテです。

あと、まさにバリ耳!
穴(ana)と 鼻、花 (hana)の発音、聞き取りがゴッチャでした。

語頭にあるhは発音されない事も多く、またpahit(苦い)の発音も
ココでは「パイッ」と言う人と、「パヒッ」と言う人と両方います。

夫「別にどっちでもいいのさ」

なので、「はなとあな」「はしとあし」がゴッチャ。
あとここら辺の言葉の特徴で、iを「え」 aを「お」 oを「う」と
発音することもあるので、フェイスブックをみてると
「kakuii~」とコメントしてるバリの若者がいて

「??? ああ!「カッコいい」か!」とやっと理解したりしてます。


最近、息子は日本語が多めになってきてます。
それはそれで困るので、今更私がインドネシア語で話しかけたりして
バランスを取るようにしてます。

でもインドネシア語でプラだけど、周りのみんなはバリ語でプロゥって
言うし。
田舎だと、余計に難しいね・・・

 ←これでバリ語の謎を解きましょう。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

生きたインドネシア語を学びましょう~病院の待合室にて

以前日本にいた時のこと。
夫や夫の友人に
「これインドネシア語で何ていうの?」ときいたら
「えーと何ていうんだろう・・・?」

インドネシア人なのになんでインドネシア語が
分からないの???と不思議に思ったんですが
バリ人は母語はバリ語であって、インドネシア語は
学校で学んで初めて知る「外国語」と同じなんですね。

2年前にインドネシアの国勢調査があったんです。
ちょうど隣の叔母の家にいた時に調査員が来て
叔父や叔母に質問していたんですが
その中に

「インドネシア語はできますか?」って質問があって
叔母の答えはキッパリ
「セン ギダン!(できません)」

ええ?できない?
まあ、叔母は一貫してバリ語でしか
私と話さないのでそうかと思いましたが、
国勢調査にそういう質問項目があるってことにも驚き。

そうか、インドネシア語って国民にとっても
そういうものなのね・・・

なので、バリ人にインドネシア語を教えてもらおうと
しても、ココ田舎では、ちょっとアヤシイ・・・
しかもインドネシア語の辞書もアヤシイ・・・
いったい何を信じれば?

そんな時はやっぱりテレビ。
実際使われてる言葉ですからね。
あとは、広告などの印刷物。

というわけで、私が「ほ~そういう言い回しを
するのね・・・」と気になった言葉をご紹介。

第一弾はギャニャール県立病院の診察室のドア
DCF_0001_convert_20120812225117.jpg
「お待ちください。
 もう少々で、医師が参ります。」

「SABAR」という言葉を使うんですなあ。
そういえば、近所のワルンMなんとかでも
注文がたて込んでる時、おねえさんが

「イブ、サバール ヤ」と声をかけてくれましたっけ。

でもこの診察室の張り紙は、24時間貼りっぱなし
なので、言いくるめられてるだけなんですが。


このエントリーをはてなブックマークに追加
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。