スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドネシアの独立記念日とバリのお葬式と息子のアイデンティティ

こいのぼり
5月には、こいのぼりを揚げてみました。

先日のインドネシアのニュースですが、
独立記念日の式典で、
国旗を掲揚する任務に選ばれた学生たちの中に
フランスとインドネシアの二重国籍を持つ女子がいて、
その理由から、国旗掲揚のチームから外されたんですって。

それが物議を かもしまして、結果、
「掲揚」係は外されたけど、「降納」係に任命され、
まあ丸く収まった、ということでした。

ところで、バリ島の8月、といえば「お葬式」シーズン。
結婚は時を選べますが、お葬式は選べないんじゃないの?と
普通思いますね。

バリのヒンズー教では、お葬式の仕方が二段階になってまして、
家族が亡くなってしまった、
でも今はヒンズー教の神様の祭典の時期、というような場合、
とりあえず土葬します。
村々には土葬をするお墓がありまして、
亡くなってすぐ、から数日の内に土葬をします。

または、亡くなった時が神様の行事が何も無い、
葬式に適した時期であった場合、
また火葬式をする資金がある場合、
亡くなって数日後の日を選んで、
土葬をせずに火葬することもあります。

そして、毎年8月前後のこの時期は、
どこかしらの村々で 数年に一度の合同火葬式をしています。
それまでの間に土葬されて眠っていた故人は、
家族に起こされて、火葬されるということです。

なんで8月なのか、というとバリでは8月は乾季で涼しい、
火葬式が行いやすい、ってことらしいです。
でも近年はエルニーニョなのかラニーニャなのか、
8月でも土砂降りがあったりしますが・・・

雨が降ると、燃えませんからね。ご遺体が。
日本のような建物のある火葬場ではありません。
野天に儀式用の形式的な
ごくごく簡単な布の屋根をつけた所ですから
雨が降ったら、なかなか大変です。

私の住むところは本家の集まる田舎ですから、
おのずとお葬式が多いですが、
8月の大きな火葬式がある日の前には、
亡くなるお年寄りが多いような気がする。

あの世へ行く大きな、立派な船が出るから
「あ、私もこの便に乗るかあ」
ってな感じなのかもしれない、と この時期、いつも思います。

そして、息子のアイデンティティ。
アイデンティティとはなんぞや?
英語なんか使わないで、日本語で言うと「自己同一性」
もっと訳わからなくなりましたが、つまりは
「私は何者なのか?」

息子はバリ人の父と日本人の母に生まれた、ハーフ。
日本には、「国籍の留保」という
「大きくなったら、どっちの国籍にするか自分で決めるから待ってて。」
という 届けを出しています。

インドネシア側には、普通に出生届を出して、
「ムリンギ村のワヤンの息子」として登録してあります。
今後、息子が日本へ行きたい時は「アフィダビット」を作って、
日本のパスポートだけでインドネシアの出入国ができるように
するんですよね。(これで合ってますか???)

国際結婚の家族で それぞれ考えが違うでしょうが
私は、息子はインドネシア人だと思っています。
実際、バリで生まれてバリで育って、
今までバリ島外に出たこともありませんし。
でも言葉を考える頭の中は、日本語かもしれない。
初め、インドネシア語だけで育ててたんですが、
私のインドネシア語能力がもう限界だったのと、
このままインドネシア語や方言であるバリ語だけで育ってしまうと
同居している母である私と意思疎通が難しくなってしまう、と
私が話しかける時は、日本語だけにするように変えました。
それが3才くらいの時かな。
今は、インドネシア語も方言も話せますが、
多分、日本語で考えて、それを翻訳しているかもしれない。
時々は、反対に、どちらか簡単なほうで話しているかな。

地元小学校からこのまま地元中学、高校、
もし学力と学費があれば、バリ島内の大学へ、
万が一にも、奨学金なんてもらえるような機会があるなら
もちろんどこでも、いろいろ学んでいって
バリで仕事に就いてもいいし、日本で仕事に就く資格もあるし、
そうやって「日本語が上手なバリ人」として成人してくれることを
願っています。

息子本人はどうしたいのか、なんて
自分自身でも、その時になってみないと分からないでしょうがね。

前出の、国旗掲揚を外された女子も、
インドネシア人としていたかったんでしょうね。
彼女の宗教は分かりませんが、
バリ人との結婚の子供は、バリヒンズー教として見られます。
生まれてから、そのような成長の儀式をして、バリ人として成長して
年を取ったら、さっきのようにバリヒンズー教のお葬式をすることが
決まっています。

お年寄りのお葬式に参列するたびに
「僕らも年を取ったらこうやってあの世に行くんだな」と
確認して生きているんでしょうね。
バリにいても海外にいても、
アイデンティティというのは変わらないのです。

さて、その息子の母である私。
国籍をインドネシアに変えているママさんも多いでしょう。
私はもう8年弱日本に帰ってませんが、日本国籍です。
結婚の儀式の一連で、家族の一員に入れてもらったようなので
(どの儀式がそうだったのか、わかってませんが・・・)
寿命がきたら、村のお墓に入れてもらえるようではありますが
果たして、ワタシはどうするつもりなのか?

こんなことがありました。
すぐお隣の家の長男さんは、
ジャワ島出身のイスラム教の女性と結婚したんです。
女性は結婚と同時に改宗して、村の寺院のお祭りにも
バリヒンズーのお供えを持って参拝したりして
慣れないながらも、他のバリ主婦と変わらない生活をしてました。
それが急に体調が悪くなって(持病があったということですが)
急逝しちゃったんです。

家族で話し合った結果、
葬儀はジャワ島の実家で行い、ジャワの仕方に乗っ取り、
24時間以内に実家の村に土葬したんですって。
その奥さんはジャワの人としてあの世に行ったんですなあ。

さて、私のアイデンティティとは。
あいかわらず甘ったれではありますが、
息子も手がはなれてきましたし
今度は息子のアイデンティティではなく、
自分自身のアイデンティティの心配でもしないと。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/08/19 14:00 ] バリ島の子育て | TB(0) | CM(0)

バリには朝食欠食児童がいないワケ。

バリ島の朝は早い・・・
朝、暗いうちから庭掃除。
暗くて落ち葉やゴミが見えないじゃないかと思うんですがね。

バリの公立学校はどこでも7時に始まるようです。
今は夜明けは6時20分くらいですから、
ちょっと遠くから歩いて通う子は、暗い内に家を出ています。

ウチでは私は6時に起きて、身の回りやコーヒーをいれたりして
息子は6時15分に起こして、ミルクとかヤクルトを飲ませて
目を覚ますようにしています。

が、

前日遊びまくったりすると、そうそうスパッと起きるもんでもない・・・
6時半までグズグズしている日もあります。
15分で身支度させ、6時45分、いや55分くらいに家を出たりして
さあ、朝ごはんは?

家から歩いて2分のこちら。
P1180721 - コピーs-
バリ島名物「Bubur」 お粥の道端販売です。
この家の奥さんが、朝早くからお粥を炊いて
この時間だけ販売します。
一つ2000ルピア(約20円)

子供だけでなく、近隣の主婦もお父さんたちも
朝は家でコーヒーを飲んで、ここでお粥を買って食べて
それから1日の仕事を始めます。
こんなお粥やさんが、小学校に行くまでの道だけでも3軒。
村のいたるところにあります。

朝から作りたてホカホカ、地元の素材でしかも安い。
母も楽々、いいことずくめです。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/11 13:00 ] バリ島の子育て | TB(0) | CM(3)

7月はインドネシアの新学年始まり。

すっかりご無沙汰してしまいました。
このブログをずっと読んでいてくれる方が
まだいるかどうか・・・

もう気がつけば8月。
日本は猛暑とのことで、大変そうですね。

(たしか、毎年言ってますが・・・)
私の住まいは、常夏バリ島といえど
この時期は、朝晩は吐く息が白くなるほど、ちょっと冷えます。

インドネシアでは6月が学年末です。それから1ヶ月弱休みがあり
今年の7月は、バリヒンズー教のお盆、ガルンガン・クニンガン、
インドネシアの国教のイスラム教の大祭、イドゥルフィトリがあり
それが終わってすぐ、7月27日 月曜に新学期が始まりました。

ウチは夫がバリ人で、その実家に住んでいます。
私は、ご存知のように日本人。
ここの地元公立学校では、
親がここにインドネシアの住民票があれば
入学許可をしているようです。

日本で生まれ育ったバリ人の子息で、
はじめてバリに定住するため
バリの公立学校に入学申請しようかと考えているご家庭も
あると思います。

新入学資格からいうと、
インドネシア国民でも住民票がここにないと不可、
また7月以前に6才になっている、(誕生日が7月以降は不可)
バリ語または、なんとかインドネシア語が分かる
(日本語、英語対応できる先生はもちろんいない)
という感じです。
ですが、これも各公立学校で判断はまちまちだそうで、
6才になっていないけど、入学許可しているところもあるそうです。

事前に村のよろずや「ラマシタ」で、
全国共通の赤い半ズボンと白いシャツ、の
小学生の制服を買いまして、
月曜日、母子で意気揚々と登校しますが、道で会う近所の人々が
「早く~早く~」と、みんな言うんですよ。
集合時間8時なので、7時30分に着くように
家を出て歩いているんですけどね?

さて、学校に着くと、近所の1年年上のアデ君が
「こっちだよ!」と案内してくれました。
部屋に入ると、新入生と保護者が全員がこっちを見ます。

先生「お母さん、遅くならないように気をつけてください。」

? 遅くどころか、早めに来たんだけど・・・

先生「8時じゃないんです。小学校は7時から始まりますので。」

パパ~! 「8時に集合だって」ってのは、ガセネタですか!
6月に夫が入学申し込みに行ったんですけど、
そこで制服着て、8時に来いって言われた、と・・・

ということで、実の父親のせいで
小学校入学初日に遅刻しましたが、
ま、みんな全然気にしてません。大らかです。

次の日は、気合を入れて6時30分には家を出まして、
学校での様子を見てましたが、
7時15分 朝礼
10時   放校 ってことが分かりました。

P1180655s-.jpg

ウチの村は小学校がたくさんあるほうですが、
それでも村はずれに住んでいる子達は、
保護者がバイクで送り迎えをしています。

また、「学校イヤだ~」と泣く子もいますので、
10時の放校まで、保護者が校内の隅で待っていることもできます。

無事に1週間が終わった土曜日、息子が「本をもらった」と
かばんを見せました。
教科書かな!

P1180692s--horzs-.jpg
このボロボロの本は、なんでしょうか・・・?
教室の隅に、ボロボロの本がうず高く積まれてましたが、
まさか、あれか。
上級生の提出物だと思ってた・・・

左のインドネシア語の本は、まだまともです。キレイです。
油紙のブックカバーもついています。
右の算数のは、表紙から数枚がありません。
終わり部分なんて、尻切れになってますけど。
そして、バグース君の名前と、
ページには問題の答えが書き込まれています。

今年のこの本の所有者は息子になるようです。
マジで・・・?これで勉強するのか・・・

でも、こういうことですので、つまり教科書代は「無料」です。
先生からは「名前も何も書かないように~」と言われたそうです。
図書館から借りているようなものですね。

幼稚園も地元公立でしたが、毎月50.000ルピア(約500円)を
月謝として払ってました。

それが、どうやら小学校は「ほぼ無料」らしいんですよね。
制服は有料ですが、教科書、授業料は払わなくていいらしい。

教科書も見るも無残ですが、使うところは無事ですので
セロテープで補修して、勉強しましょうか。
そういう本の使い方もいいものです。

しかし、やっぱり一ついやなのが、前使用者、バグース君。
君が算数の教科書に書き込んだ答えは
ことごとく間違いなんだけど。
全部消しゴムで消しましたから。もう~。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/06 16:00 ] バリ島の子育て | TB(0) | CM(4)

バリの幼稚園 新学年の制服はバケツ色・・・

幼稚園の新学年が始まって3週間。
そろそろ通える子は毎日来るし、どうにも嫌がって通えない子は
まあ無理しないで・・・とメンバーが落ち着いたこのごろ。
月曜日に月謝帳がくばられました。
去年は毎月45000ルピア。今年は5000ルピア値上がりの50000ルピア。

去年は50人の児童がいたんですが、今年は年長23人の年少18人
計41人です。
息子が生まれてから、どうも同じ歳の子が少ないような気がしてましたが
やっぱりそうだ。
2クラスに分けて先生を一人増やしたので、
値上げはしょうがないかもですね。

制服に関して、私は去年のをもう一度着せたいと思ってました。
まだキレイだし、サイズも十分だし、今年も同じデザインのを
採用して欲しいなあ、と。

でも毎年制服のデザインを変えることにしているらしいので、
それはできない、
でももし子供さんが自分は去年のでいいというなら、
それでもいいですよ。月曜日はそういう話でした。

息子に聞いてみると、去年のでいいと!
同じ2年目のアンギーちゃんは、さすが女の子
「絶対新しいのがいい!」そうですが、
息子は一人でも去年のでいいというので

「じゃあ制服代の275000ルピアで他のものを買っていいよ」と
話してましたら、
昨日いきなり先生からの話で
「やっぱり全員同じ物で。ごめんなさいね。」となりました。

昨日は登園してまず制服の配布。
あれ?いつサイズを測ったの?と思いますが、児童の見た目で
サイズを見当して、用意してあるそうです。
で、配られてそのまま廊下とか教室の隅で保護者と試着大会。
合わなかったら、予備のと交換。

息子は去年はMサイズを着てました。
今年のLサイズのズボンはウエストがブカブカですが、ベルトで調整。
隣にいる子は背は同じなのにXLのズボンでウエストはもうぴちぴち。
みんな脱いだらすごいのねえ。う~ん、ちょっと肥満児気味?

P1170906s-.jpg
その制服、今年の色はこちら。
う~ん。緑色。
去年は蛍光オレンジでビックリしたけど、まあ、こんなもんか。
でもなにかひっかかる・・・と思っていたら
学費等の金額に細かいアンギーのママが
「ああ、また買うことになったか・・・しかもなんでバケツ色?
 濃紫とかいい色の生地もあるのに。」と
そばにあったバケツをつつきながらつぶやきます。

そうだ、モヤモヤなのはバケツ色だからだ。
去年の制服は月曜火曜は赤いタータンチェック、水曜木曜はオレンジ、
金曜土曜はオレンジ色の体操着。

タータンチェックのはかわいいので、
私服にも着れそうだ、と思ってましたが
去年のオレンジにしろ、今年のバケツ色にしろ、再利用に困りそう。

でもバリの小学生は私服で幼稚園の服を着なおしたりしてますから
まあ、いいか。
息子には暑くなったら蛍光オレンジの体操着で寝てもらうかな。


新生、当ブログにネタご提供、
「売りたい買いたい」
「探してます」等の情報掲載ご希望の方は、ご連絡ください。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/08/07 12:00 ] バリ島の子育て | TB(0) | CM(5)

バリの子供が子守が上手な訳は。

もう2ヶ月前ですが、
義母に近所のプスケスマス(国営診療所)に
車で送っていってほしい、と頼まれ行った時のこと。
この診療所は大きくて、産婦人科も24時間救急もあります。

駐車場前で見かけた家族。
P1100455s-.jpg
生まれた赤ちゃんが退院するようです。

ん?お母さんやけに小さいし若くない?と見ると
もちろんお母さんではなく・・・
おねえちゃんかな?小学校低学年くらいみたいです。

隣はお父さん・・・でいいみたいです。
そのお父さんとしばらくああでもないこうでもない、と
ダッコ紐(スリングじゃないですよ。ただの布。)を結び直し
P1100456s-.jpg
ちょっとあやして収まり具合を確認し、
お父さんの後ろに乗って、
バイク二人乗り+新生児で退院していきました。
多分、お母さんはもう一度戻ったお父さんと二人乗りで退院するため
診療所内でまだ待っているんでしょうね。

最近は車を持つ家庭も増えましたので、
ウチみたいに病院までの送り迎えを頼めるご近所、家族も
いるかもしれませんが、
多くの家庭では、新生児も妊婦もバイクで送迎。

息子より2才大きいデディス君の時も、産気づいたお母さんはバイクで
ここへ来たそうです。
近いとはいえ、相当つらいはず。
そして無事生まれたデディス君は出産の翌日、バイクで帰宅。
3年前生まれた弟君の時は、ウチで車でお迎えに行きましたが、
産気づいた時はやっぱりバイク。

バリの母はたくましい。
そして女の子は小学生ともなれば、立派な主婦。
生まれた弟妹の面倒は、当然兄姉の担当です。

日本では長兄が跡取りになると考えられますね。、
家によっても違うんですが、
バリでは一番若い弟が跡取りと考えられることもあるようです。

ウチの義父の兄弟は11人。義父が一番上で70代。
一番下の叔父が50代。
たしかに弟が跡取りになって家を仕切ったほうが、
効率がいいかもしれません。

なので、歳の離れた兄姉はもはや親同然、子同然、ということですね。


新生、当ブログにネタご提供、
「売りたい買いたい」
「探してます」等の情報掲載ご希望の方は、ご連絡ください。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/07/28 15:00 ] バリ島の子育て | TB(0) | CM(2)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。