スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリ語豆知識 1 「ングラライって何それキミ~」

ウチに居りますと、使う言語はほとんどが
バリ語(聞くだけ)・インドネシア語・
夫と息子とは日本語という順になってます。

バリ語は5%くらいしか聞き取れないので、
ほとんど周りが何言ってんのか分からない、
すっきりしない環境にいますが、知らなくていい事
ってのもありますしね。

ホントに知らなくてはいけない事は、
インドネシア語で言ってくれるので、それだけを
理解していれば、結構大丈夫です。

で、私にはどうしても聞き取れない発音があります。

RとL UとE NとNG RとLは最近やっと少し聞ける
言える、になりましたが、他の2つは全然です。

バリの空港は日本語ガイドブックでは、
「ングラライ空港」と表記されますが、カタカナを
読んだ夫が、「ン、ってナンだ!アハハ!」と
ぬかしますので、

「だってン、でしょう?」

「ちがうよ ng だよ。」

「んっ?」

「ちが~う!ng!」

ナシゴレン のように、語尾についてる ngは
レンッ!と跳ねるように発音すればいいんですが、
語頭はとても言いづらい・・・

そかも特にバリ語は語頭が ngが多いんです・・・

ングラライは Ngurah Rai でヌラライと
言った方がまだ通じます。
(ちなみにヌラはグスティという武士階級の
 男性のお名前 ライは弟・妹とかいう意味です)

他にも ngaben(火葬式)
ngobrol(歓談・おしゃべり)とか動詞の前に
付いたりするので、多いです。

ngit(蚋 ブヨ)という、ほこりみたいに小さいのに
刺されるとすっごくカユイ虫もいます。

nggih(はいそうです。のはい) iはエと
発音されますので、ンゲ~

nggak(ううん、ちがうよ。のううん) ンガッ

「ん」から始まるなんて、しりとりできない
じゃないですかね~

あっ!できるのか。いっぱいあるから。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/11 09:22 ] バリ語豆知識 | TB(0) | CM(2)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。