スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おススメなのかおススメじゃないのか?ウブドのはずれの牛肉料理ワルン 

サヌール、デンパサール方面に出かける時
夫には「ここで昼ごはんを食べよう」と心に決めているところがあります。

「キミ、お昼は何食べたい?」と運転しながら聞きますので
「じゃあ、Warung Pak Nyoman で炭火焼でも…」と返事しても
なぜか黙って、サヤン三叉路の手前のあるワルンに停まります。
じゃあ、きくなよ!ってことなんですが。

場所は地元住民のためのお食事処がポツポツ、田んぼ、修理工場…
アユン川沿いの高級ホテルに向かう人は必ず通る道ですが
停車することはないエリアでしょうね。

このワルンはめずらしい、
牛肉料理のナシチャンプル(お好み定食)ワルンです。
なんでめずらしいのかと言うと、バリヒンズー教の人は
一応、牛肉を食べない習慣があるそうなのです。
でもインドやネパールのヒンズー教徒のように
牛肉を食べるのは禁忌ではなく、
まあ、食べたいなら食べてもいいし、くらいの感覚でしょうか。

聖職者や敬虔な人は自分から牛肉を食べることをさけています。
以前カランガサムの田舎出身の青年と夫と私と息子でここに来た時
牛肉、と聞いてその青年はビックリ。
「牛なんて食べちゃダメでしょう・・・」とお腹が空いているはずなのに
飲み物だけでした。

P1100073s-.jpg
こちらおまかせ盛り合わせ。
牛肉の串焼き、揚げ物、ラワール(野菜の和え物)そぼろ、牛肉のスープ
この日は、このセットが15000ルピアでした。

ここのラワールがすっごく辛いんです。
私、そんなに辛い物が得意じゃないので
おいしいとは思うんだけど、なかなか気が進まない。
でも人気の店です。
どんどん人がやってきてはパッと食べて、出て行きます。
牛肉料理だからバリ島外からのインドネシア人向けかと思いきや
経営者もバリ人でお客もバリ人ばっかり。
なんでお客がバリ人ばっかりと分かるかと言うと、乗ってきた車に
お供えがのっているからです。

「バリヒンズーの人は牛は食べないんじゃないの?」
ときいたことがあるんですが
「ん?そうでもないよ」
だそうです。
まあ、詳しいことは訊かないでおきましょう。

私がこの店をお勧めする点は、ここから見える景色。
P1100069s-.jpg

P1100071s-.jpg
窓枠が絵画のフレームのように見えませんか。

この風景を見ながら地元価格で飲食できるなら、なかなかいいよね。と
思うんですが、問題はここのトイレ。

大概のことは大丈夫な私ですが、ここのトイレは地獄絵図のようです。
なので休憩にお勧めしたくともできないなんともいえないお店なのです。
ここに行くときは、トイレを済ませてから行きましょう?
なんだかヘンだな・・・


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/05/03 16:30 ] バリのおすすめお食事処 | TB(0) | CM(0)

夫に内緒で秘密のデート Fly Cafe

フライカフェだから日本語にすると蝿カフェですね。
初めて看板を見たのは、いつだったか、結構前からありますね。

息子が生後3ヶ月位のときにバリの家に遊びに来てくれたGさんが
「フライカフェはおいしい。何を食べてもおいしい。」と
言ってて、
「いつか食べに行きたいなあ・・・」と思っていた店でした。

先日息子とドライブ中、どこかで食べようかと思ったとき
「そうだ、あそこだ」と行ってみました。

P1010553s-.jpg
アイスティを注文。
ちゃんと紅茶の香りがします。当たり前のようで意外と希少。

トイレに行った時、オープンキッチンの先の景色が見たくて
ちょっとお邪魔すると、
なんだこれ?
P1010551s-.jpg P1010552s-.jpg
鶏の、一戸建て住宅です。闘鶏さんたちですね。

でっかいハンバーガーを食べたかったんです。
これこれ!
P1010556s-.jpg
肉肉してておいしいです。

配達もやっているようなので、近所のヴィラに来てくれるかな?と
「パヤンガンまでいいですか?」ときいたら
「それは、ちょっと。近場までです。」だそうです。

久しぶりに40,000ルピアのハンバーガーを食べてしまった。
夫には言うつもりはありません!
が、その後親子3人でここを通るたびに息子が

息子「こないだ、ここで食べたんだよ。おいしかったんだよ~」
夫「誰と?」
息子「ママと。パパはいなかった~」

ううう。余計な事を、息子よ。


P1010555s-.jpg
お向かいで売られていた絵画。
いい絵だなあ・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/21 00:00 ] バリのおすすめお食事処 | TB(0) | CM(2)

所用でウブドへ バリ人夫 おススメの地味なバビグリンと片栗粉探し

今日は用足しにウブドヘ。
インドネシア式朝ごはん、サラパン
(コーヒーと軽食)は済ませましたが

夫「何食べる?」
と言うので
いつものようにお任せにしました。
例えば、「ナシゴレンがいい」とか言って
みたところで、結局は自分の行きたい店に
なります・・・

夫「じゃあ、ナシチャンプルでいい?」

息子「ナシチャンプユ~ いいよ」

と言うわけで、とまった所は、クデワタンの三叉路の
近くのこちら。

DSC05168_convert_20120301203108.jpg

ウブドから来たら、クデワタンの三叉路を右へ。
すぐに右手に「YON MART」という看板があり、
その北側に斜向かい。道路の左側です。

左隅に「YON MART」の黄色い看板が見えますかね。
北から撮ってます。
DSC05170_convert_20120301203443.jpg

DSC05171_convert_20120301204708.jpg

テレビに、歌手になった警察官
(息子はチャイヤチャイヤと呼んでます)が
出てたので、息子にグイグイ引っ張られ、
注文は夫にお任せしました。

DSC05173_convert_20120301205612.jpg
パナソニックの薄型テレビ ビエラ・・・このワルン
あなどれません・・・

出てきたのは、どう見てもバビグリン。

「ナシチャンプルは?」

「バビグリンのチャンプル!」

夫はしっかり一人前。それと半ライスに盛られた
半バビグリン。
息子はさすがバリの子、カリカリの皮でご飯を
食べてます。
ウエイトレス嬢が「お母さんはどうします?」と
訊いて、私はあんまりバビグリンは好んで食べないし
おなかも空いてなかったので、息子の半ライスを
ちょっとつまみました。

スプライトとテボトル、バビグリン 1,5人前で
32000ルピアだったそうです。 

夫曰く「ここは高いけど、いつも必ずおいしい!」
だそうです。

バビグリンファンの皆様。お試しください。

用事が終わり、ビンタンスーパーで買い物。

片栗粉を欲しいんです。
揚げだし豆腐のしょうがあんかけを作りたい。

バリに来てから片栗粉を買ったことがありません。
中華屋さんがあるんだから、絶対あるはずなんです。
ウブドじゃなくてもパヤンガン市場にもあるはず
なんですが、片栗粉・・・なんて言えばいいのか?

ビンタンなら見て買えばいいから、
と探してみましたが、どれだろう?
小麦粉、米粉、パン用ミックス、他には
これしかありません。
DSC05191_convert_20120301202730.jpg

コーンスターチと思われる物を買ってみましたが・・・
うしろに「フカヒレスープに」とあるので
いいような気がしますが・・・

果たして?乞うご期待。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/01 21:23 ] バリのおすすめお食事処 | TB(0) | CM(6)

デンパサールの官庁街の穴場 意外とおいしいナシチャンプル

デンパサールのイミグレーションに行く用事があり
息子も連れて、おやこ3人で出かけました。

せっかくだから、マクドナルドの滑り台で息子を遊ばせても
いいな。とか、安くておいしい中華が話題になってたな。
とか、昼食を取るところを、いろいろ考えていたんですが
もたもたしてたので、12時少し前に着き、係員が昼休みに
なってしまいました。

イミグレーションの建物の左の端に小さいワルンがあって、
菓子パンとか飲み物があるのですが、ハラが減った夫が
「ここで食べるよ」というので、

(デンパサールまで来て、何でここで・・・)と
ガッカリでしたが、私もナシチャンプルを頼みました。

メニューもサンプルもないので、まさにお任せですが
出てきたのをみたら、何だかおいしそう。

夫も「なんだか、サテ作る時のゴハンみたい」と喜んでます。

お供えのサテをみんなで作る時、手伝いに来てくれた
近隣の人々に、家主がコーヒー・お菓子、しばらくして
食事を出すのが、礼儀だそうで、肉料理1つ、野菜料理
1,2つという、簡単だけどおいしいのを出すのが
いいそうです。

私の息子の儀式のサテ作りの時は、とりあえず白飯だけ
炊いてオカズは買ってきました。

で、そのワルンのオカズは、バリのスパイスで煮た鶏肉、
モヤシとバリのほうれん草(日本のと別物)のおひたし
(でもココナツフレークも油も入ってます)ともう一品、
なんだっけ。

その おひたしが辛くないし、味も決まってておいしい。
息子も食べられる。

まとめて夫が払ったのでいくらかわかりませんが、飲み物も
菓子パンも3000ルピアとか1000ルピア位でした。

夫が食べ終わり、席を立ってウロウロし始めた時、
いつものように携帯をテーブルに置きっぱなしなので

(また・・・まあ私がここにいるからいいか。)と思ってたら
片付けに来たそこのおばさんが

「こんなところに携帯を置きっぱなしにして~。
 何でこういうことするの~」と言ったら、夫がすぐ
恥ずかしそうに取りに来ました。

ナイス!おばさん。もっと言ってやって。

イミグレーションの敷地に入る時には
セキュリティチェックはありませんので、用事がなくても
食べられます。

物好きの方、一度お試しください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/19 13:54 ] バリのおすすめお食事処 | TB(0) | CM(0)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。