スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海外に住む予定の日本人が持って行くべきモノとは。

私、海外在住5年になりますが、
しかも洗練されたコスモポリタンじゃなくて、
豚だのアヒルだの闘鶏のニワトリだの、放し飼いのバリ犬だの
そういうのに囲まれて
毎日ビーチじゃないのにビーチサンダルしか履いてませんが、
郷に入っては郷に従うのが、唯一の特技でして
日本のモノが無くても特に不自由はしてません。
(もちろんあれば生活に華がでますが)

でも、これだけは日本の物を使わしてよね。
てか、みんな勝手に触るなよ。ってのは日本の包丁とお箸。

お箸は…すばらしい。
たった2本の棒ですが、これがあれば日本人は揚げ物も料理できるし
いざとなったらケーキもプリンも食べられます。
息子にもこのすばらしい文化を教えなくては、と
なるべくお箸で食べてますが(息子はまだできません)

今日、昼食の途中でウブドの甥がお土産にナシアヤムの包みを
持ってきてくれましたので、昼食に加えた勢いで
P1050625s-.jpg
お箸でナシアヤム・クデワタン・イブマンクーを食べてみました。

辛い唐辛子をつまんで除けるのも簡単。
そのまま目をこすっても痛くない。

日本人はやっぱり箸ですよ。
バリにも中国風の先が太いツルツルの箸は売られてますが
それじゃあちょっと違います。

海外移住の皆様。お荷物に数本、加えてみては。
でもいざとなったら、そこら辺の竹を削れば自作できますがね。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 3.300.000
お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/02 00:00 ] 海外へ引越し | TB(0) | CM(0)

今さらで申し訳ないんですが・・・みなさん在留届って出してます?

IMGA0197_convert_20120825011348.jpg
4年前に臨月でバリに移住して、息子を産みました。
デンパサールの領事館に出生届を出しに行った夫が
持って帰って来た「在留届」の用紙。

ファックスでも郵送でもいいからなるべく早めに提出を、
とのことでしたが・・・

・・・言い訳ですが当時育児で眠くて
10分時間があったら、寝るか食べるか悩むくらいなもん
でしたから、ケロッと忘れ・・・

4年後、今日インターネット経由でもできるときいて
早速届けを出しました。

(「在留届電子届出システム(ORRネット)」で検索すると
 出てきます。)

これをしておくと、息子が小学生の年齢になったら
日本の教科書をもらえるそうな!

こちらで子育てされてる方、これはうれしいですよね!

(ちなみに今、届けを出しても今年の教科書はもう
 間に合わないので、来年からだそうです)


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/25 01:00 ] 海外へ引越し | TB(0) | CM(0)

かぐや姫みたいなバリ人夫を持つ妻はトムクルーズになるのか?

インドネシア人のご主人を持つ奥様がた
残暑お見舞い申し上げます。

なんで限定なのかと申しますとバリ島で横乗り
スミケンさんとのコメントで

「日本からバリにどうやって釣竿を持ってくるか?」
というお話がありまして、

そういうことなら、ココバリバリのみきさんが
スペシャリスト

(なんでかというのは→バズーカを空輸するバリ人

とまたコメントしようかと思って、はた!と
以前のことを思い出しました。

ほら、ウチの夫はガイジンでしょ?
日本語はできても、知らない日本文化・習慣がいっぱい。
なので、日本人は考えもつかない無理難題をサラッと
要求してくる。

はじめはバリのスパイスCEKUHが食べたい・・・
だったけど、それは難なく解決。
日本でバリの新聞を配達して欲しい、なんて序の口です。
(できませんでしたが)

その他いろいろありすぎて私も慣れてしまい
大したことなく感じてほとんど忘れてしまった。

私は役所での事務処理関係が多かったけど
みきさんは物品関係!
多趣味のご主人デワ氏の所有物の移動とか
感心するくらい不可能を可能にする私設エージェント!
ミッション・イン・ポッシブル



・・・インドネシア人夫ってこんなもんだと
思ってたけど、よそ様のブログを拝見すると
みなさん良識常識でいらっしゃる・・・
もしかしてウチ(および近辺)だけ?

息子が大きくなったら観ようと妊娠中に日本から
持ってきた昔話のDVD
こんな感じの↓


の「かぐや姫」を見てましたら、ふと思い出しまして。

同じような(いえ、もっと簡単な)お願いを
今、バリで夫に頼みますと、

夫「ない。できない。ハビス!」
と探しもしないのに。

ちくしょう~日本で「ハビス」と言う言葉の有効性をに
気付いていればな~

しかし、「知る」ということは、楽しいことです。
以前はインドネシア人が日本でできないこと
いっぱいあったけど、今は大きく改善されたようです。
それもひとえに、そんな先輩奥さんたちの
行動力のたまものかと。

CIMG0048_convert_20120820080923.jpg
日本で公営体育館を借りてバドミントンを楽しむ
かぐや姫様たち


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/21 09:00 ] 海外へ引越し | TB(0) | CM(4)

妊婦の海外旅行

妊婦の皆さんも海外旅行楽しみたいですよね。
特に仕事してる奥さんは、産前の休暇しか自由な時間がないって方も
多いかも。

でも、いつでも飛行機に乗れるって訳ではないんです。ご存知でした?

航空会社によりますが、ガルーダは妊娠34週前後まででした。
(2008年12月時点)

チケットを買えるのがだいたい3ヶ月前との事で、大手旅行代理店に
申し込みに行きました。

ここでも、バリで出産するとは、なかなか理解不能らしく、説明した後
ガルーダの予約をしました。

ほっと一息、デパ地下でのんびりお買い物なんてしてたら
さっきの担当の人が慌てて電話してきました。

・・・要約すると、ガルーダは生まれてもおかしくない頃の妊婦の搭乗
には、担当医の「順調です」というサインが必要だが、今もらった
診断書では早すぎて、ジャカルタの本部で審査できない。

が、審査には1ヶ月くらい!!かかるので、OK出てからだと希望日の
チケットが残ってるかわからない。結果、発券できない。
とのことでした。

でもJALはその限りではないので、JALにして下さい。と。
さらに、片道チケットは販売がないので、価格はガルーダの8割増し。

あーいたいわ・・・それは・・・節約したお金が全部飛んでく・・・
でも乗れなきゃ困るし。しょうがない・・・とメソメソしてたら
いつも、トンチンカンなアドバイスをする夫(バリ人)が
「片道チケット絶対ある。他でさがしてみて」と譲らないので、
ダメ元で、何回か利用した「ジャパンバリツアーズ」に
電話してみました。

・・・トンチンカンの意見も聞いてみるもんです。ありました。余裕で。
しかも、「お客様の状態でも、ガルーダ、大丈夫ですよ。」
さらに、「インドネシア国籍の方と家族専用のお得チケットもあります」

8割増しが何割引かに、大逆転!

夫の「ほーらどーだ」って顔がちょっといまいましい
ですが、これで晴れてバリに行けます。

よかった、よかった。

ヒーローの一人、「ジャパンバリツアーズ」さん ありがとう。
女性だからヒロインか。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/12/06 01:56 ] 海外へ引越し | TB(0) | CM(0)

引越し・出産カレンダー

日本を離れて、約2年。

子育てに関する制度もずいぶん変わったのでしょうか・・・

出産一時金とか、こども手当てとか、金額が上がったみたいですね。
私のように海外で出産して、まだ日本に帰っていない人は
どちらももらえません。

2年と8ヵ月前、いろいろ調べました。バリに来てからじゃ
戸籍抄本とか取るのも大変ですから。

検診に通ってた長野の産婦人科、板倉レディースクリニックは人気なので、
出産も予約みたいなシステムにしてました。

「ここで出産ですか?それとも里帰り出産?」
「バリ島で」
「!?」

そんな選択肢の記入欄は、用紙にもちろんありません。

「万一、8ヵ月位で早産になったら、日本なんですが、順調ならバリで。」
「わかりました。もしそうなったら、ご安心ください。
こちらで大丈夫です。」

と、なんと頼もしいお答えでしょう・・・人気があるのもうなづけます。
その後、順調にバリで出産できました。この場でお礼をいいたいです。
先生、おかげ様で30分のスピード安産でした。ありがとうございました。
 
という具合に、いろいろ逆算してカレンダー作りをしないと、後で引越し
できない、という大変な事態になってしまいます。

インターネットの解約は?車は?銀行は?

ウチはアパート引渡し~空港へ夜中に直行だったので、ふとんを処分したら
寝るとこもありません。

ぎりぎりまで生活しつつ、一晩で部屋をまっさらにして
なんてできるのでしょうか・・・(できたんですが)

ここで、いろいろなヒーローが助けてくれたんですが、
その内の一人が大家さん。
ホントいい人でよかった。

デンパサールの夕日

これは出産直前のデンパサールの夕日

引越し準備でくじけそうになってた頃、「バリの家に、どこでもドアで行ければ
いいのに。」と思ってました。

その後、この空を見ながら、ミッションインポッシブル遂行できたなあ・・・
と感無量。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/12/06 00:45 ] 海外へ引越し | TB(0) | CM(0)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。