田園に囲まれた木彫りバリネコの産地のこじんまりヴィラ/レンタルハウスのご紹介

ウチのある村から東へ車で15分。
ブルセラ村というところがあります。
日本人が聞くと、「なに?どういう村?」と一瞬思いますが
Bresela と書いて、この辺りではブルセロと発音しますので
字の通りにブルセラと言っても通じません。
でも覚えやすい。

そこは自生する木材を使った木工製品が盛んな地域で、
バリ土産で有名な木彫りのバリネコや、
最近はバリ人向けにお供え用品を作る家々がたくさん並んでいます。
→その過去記事

夫の友人にスラマットさんという木工製品の工場を持つ人がいます。
田んぼの前にヴィラを作ったから遊びに来て、とお誘いを受け
見学に行きました。

田舎ですが、エレファントサファリパークへ行く道沿いにありますので
道路は整備されています。
エレファントサファリパークへはパヤンガン市場方面からと
テガララン市場方面からと
ビンタンスーパー北のルンシアカン通りから行けますが、
ウブドからならサファリの送迎車のルート、ルンシアカンから行くのが
一番早くてビンタンからは車で15分くらいです。

サファリの案内看板に沿ってブルセロ村まで来ますと
P1090472s-.jpg P1090471s-.jpg
お供え用品屋さんが3軒並ぶ、真ん中にそのヴィラがあります。
スラマットさんの工場は製品変えしないで、
今もオーダーのネコとかゾウとかを作っているそうです。
材木用の大きい乾燥機もあるので、バリ内販売用ではなく
海外へ直接発送が主だそうです。

P1090473s-.jpg P1090474s-.jpg
このヴィラの前の店では木工製品ではなく、鳥を売ってます。
バリの人が好きな、いい声で鳴く小鳥屋さんです。

こちらはヴィラNO.1
P1090447s-s-.jpg P1090464s-s-.jpg
バリ風の門が付いたこじんまりしたヴィラです。左は裏の田園に続く階段。

P1130467s-.jpg P1130468s-.jpg
天蓋付きベッド

P1090443s-.jpg P1090444s-.jpg
バスタブ付き浴室。電気温水器です。

P1090445s-.jpg P1090465s-s-.jpg
キッチンにはガスコンロ、冷蔵庫が付いています。
食事はキッチン前にテーブルを備えて、こんな風景を見ながら。
バリ風あずまやと池があります。
池があると、蚊が心配だなあ。でも蚊がいないなあ、と思ったら
手のひらくらいのカメさんとナマズが3匹いました。
ボウフラをパクパクしてるからですね。

P1090469s-.jpg P1090447s-s-.jpg
内門を出て、後ろの田んぼを見てみましょう。

P1090458s-s-.jpg P1130877s-.jpg
階段中ほどから見たヴィラ。 
階段の上にも
あずまやがありますので、野趣が好きな人はここで昼寝もどうぞ。

階段を登ると、
P1090451s-.jpgP1090450s-.jpgP1090449s-.jpg
ず~~っと向こうまで田んぼ。ホタルも時々見れます。
(でも足元注意。田んぼに落ちないように。)
P1090452s-s-.jpg


こちらはヴィラNO.2
P1130871s-.jpg P1130889s-.jpg

P1130869s-.jpg P1130868s-.jpg
お部屋から田園風景が望めます。

P1090461s-.jpg
屋根付き駐車場もあります。
ご依頼があればスラマットさんの家のおムコさんがこの車でお買い物に
連れて行きます。
でも周りは地元の店しかないので、
自分でバイクや車を運転する人の方が快適に住めそうですね。

「田舎だから、安くていいですよ」というお値段です。
3泊から長期まで。

ベッド・テレビ・オーディオ・冷蔵庫・ガスコンロ・温水、バスタブ付きお風呂
屋根付き駐車場
洗濯機を置く予定は、今のところありませんが、
近所に低料金のクリーニング屋さんがあるので
その利用をおすすめだそうです。

P1090478s-.jpg P1090480s-.jpg
じゃあ、おじゃましました。と帰ろうとしたときに
バイクのサテ(焼き鳥)屋さんが来たので、みんなでつまみます。


こちら見学ご希望の方は、ご連絡ください。スラマットさんに伝えますね。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 420.000 ルピア 1ヶ月 3,500,000ルピア

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/07/05 22:00 ] 村の貸し住宅情報 | TB(0) | CM(1)

バリ人叔父が建てていたインドネシア人用アパートが完成しました。

いつだったかすっかり忘れてしまったんですが
(年始頃だったかな・・・)
ウチの同じ敷地に住む叔父が、ウチから歩いて1分の所に
アパートを作り始めました。

ウチのある区画からさらに西へ入った田んぼの横で、
豚の飼育小屋があったんですが、叔父が体調が優れないので
養豚を止めてアパートにしたんですね。

養豚というのは大変で、朝晩の餌やりと豚のおふろ、小屋の掃除が
とても疲れるそうです。
牛はわりと放っておいてもいいらしいですが、豚はキレイ好きで
体や小屋が汚いとストレスで体が大きくならない、
妊娠中の豚の近くに人がいっぱい集まるとストレスで
生まれる子豚が小さいとか病気とか、心が繊細なんですって。

なので叔父は痛風で具合が悪くても、
夕方必ず飼育小屋に行かなきゃならないし、
野菜の仲買の仕事も行かなくちゃならないし、で
ちょっと商売の方向転換をしたそうです。
なるほど、一番大事なのは体の健康ですから。


私は約束があって参加できませんでしたが、
先週土曜の新月の日に、このアパートの建立祭、お清めをしました。

歩いてすぐですが、今まで行く用事がなく、
建築途中から見に行ってませんでしたが
今朝、いなくなった子犬を探しながら見に行ってみました。

P1100860s-.jpg
こちら わあ!ピンクですか。

P1100862s-.jpg P1100861s-.jpg
アパートの前には、まだ半分だけ豚の小屋が残っていますが
もう1頭もいませんので、においはありません。
入居する人はイスラムの人かもしれないから、
豚さんの近くは落ち着かないかもしれませんしね。
多分、儲けが貯まったら、アパートをもう1棟建てるかも。

P1100863s-.jpg
日本風に言うとワンルーム。
お部屋部分は4畳半くらいです。天井は竹で編んだ物。

P1100866s-.jpg P1100867s-.jpg
インドネシア式バス・トイレと小さい台所。
インドネシアの普通の人々は
洗濯はこのバス・トイレで手洗いだし、冷蔵庫もなくてもいいし、
あとはガスコンロとマットレスだけ持ち込めば、
夫婦と小さい子供3人暮らしくらい余裕です。

P1100869s-.jpg P1100868s-.jpg
通りに面していないので、子供も自由に遊べます。
バイクも自分の部屋の前に置けるし。
初めこの場所にアパートを作る、って聞いて
ええっこんな奥まった所に?と思いましたが
静かだし、安全だしいいかもね。

ウチの近くにはアユン川沿いに並ぶ有名リゾートホテルが
多くありますので、そういう所に勤めるインドネシア人に
アパートの需要があるんです。
叔父は近くの大通り沿いにもう一軒アパートを持っていますが、
ホテル勤務の青年や若夫婦でいつも満室だそうです。
そっちはお家賃が月40万ルピア(約4000円)くらい。

単身だったら大通りのほうでもいいけど、
小さい子供がいたら事故に合わないかちょっと心配だから、
こっちは若夫婦に意外と人気が出るかもしれない。
台所付だからお家賃は月50万ルピアくらいにするのかな。


ウチには今、犬が3頭います。
従弟がもらってきたのと、
それを見た義父が自分の犬が欲しくなって飼い始めたのと
叔父がこのアパートのセキュリティ係にともらってきたのです。
あとは部屋の電気のスイッチが付いたら住めるので、
そうなったらその犬が1頭、引越しです。(引越し荷物は要らないけど)

大きさも色もちがうコイツらが毎日庭でチョロチョロにぎやかなんですが
P1100829s-.jpg
3頭のうち、従弟の子犬(結局私が面倒を見ている・・・)が行方不明で
探しているんですけど・・・
このアパートの敷地の門内に閉じ込められたか?と見に来たけどいない。

どこいっちゃったのかなあ。


新生、当ブログにネタご提供、
「売りたい買いたい」
「探してます」等の情報掲載ご希望の方は、ご連絡ください。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/08/03 13:30 ] 村の貸し住宅情報 | TB(0) | CM(2)

パヤンガンのお手頃ステキ貸しヴィラ、貸家のご紹介。

私の家からバイクで数分。
SMK(観光専門学校)の隣に
(正確にはあいだに田んぼがありますが)
知る人ぞ知る、素敵ヴィラがあります。
living-room-breeze.jpg

master-bedroom.jpg

topaz-villa-bali.jpg
以上の写真はHPより抜粋しました。

ハウスキーピングは、その、隣のSMKからやる気マンマンの
生徒が参ります。

以下は、リニューアルオープン前の大掃除の光景
P1010456s-.jpg

P1010508s-.jpg P1010522s-.jpg

P1010510s-.jpg P1010514s-.jpg

P1010520s-.jpg P1010549s-.jpg

P1010463s-.jpg

P1010542s-.jpg

P1010548s-.jpg
17人で、ワ~っと大掃除しました。

1泊からお泊りいただける予定ですが、今回それに先がけて
長期、月単位で入居なさる方を募集します。

新築ヴィラではないので、部分的にまだ不備があります。
その点を入居希望の方とご相談しながら、
整備を加えたりする予定ですので
お家賃もご相談の上、になりますが、格安なのは確かです。
WIFI、INDOVISION(日本のNHK)の設置の予定もあります。

現在プールは改装中で
P1010523s-.jpg

P1010410s-.jpg
約一ヶ月半後に完成予定です。

全3室。(2階は入居済みです。)
全室シャワー、バスタブ、洋式トイレ、ドライヤー、
大きいクローゼット、クイーンサイズベッド、天蓋、
薄型テレビ。

朝食・ハウスキーピングサービス
入居者ご自身でキッチンを使用することもできます。

共有設備は、ガス台、流し、冷蔵庫、洗濯機。
駐車場有。

詳細・お問い合わせは
balirecycleshop@gmail.com まで



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/10 08:30 ] 村の貸し住宅情報 | TB(0) | CM(2)

風光明媚なパヤンガンにお手頃貸しヴィラを持ちませんか?+日本文化指導のボランティア募集

バリ島パヤンガンは気候のいいところです。
バリでは季節は雨が少なく涼しい乾季と(今ですね)
雨が多くて暑い雨季、の2つしかありません。

今は爽やか(または時々肌寒い)

雨季の暑い季節も、風通しのいい部屋ならクーラーは不要です。

南北に深い渓谷が何本か走っているので、バリらしい景色が
いたるところにあり、時々は田んぼにホタルも飛んでいます。

そんな立地なので世界の名立たるリゾートグループのホテルが
いっぱいあります。

ですが、中級・格安宿泊施設はありません。
車で15分でウブドで、ウブドには2000円位の宿泊施設が
いっぱいありますからね。

以前、こんなことがありまして
過去記事がでます

私のブログにずっと前からコメントをくださるMさんと言う方が
(このNPOの関係の方)
今、この専門学校のトレーニングセンターに宿泊しているというので
お話をしに行きました。

私はてっきりもう完成していて、
じゃあ宿泊施設の宣伝のお手伝いをブログでしようかと思っていたら
まだ全然なんだそうです。

PEP基金←クリックするとそのホームページにとびます。

というNPO団体として建設を始めたけど、資金が続かないので
建設が進んでいないそうです。
それじゃあ、一部屋ずつの分譲貸し別荘にしたら?と提案しましたら
ご希望のお客様さえいるなら、諸手続きは可能だそうです。

そこの写真を撮ってきました
IMGA0186_convert_20120906123831.jpg
パヤンガン大通りに面して校門があります。
IMGA0188_convert_20120906125112.jpg

IMGA0190_convert_20120906125820.jpg IMGA0192_convert_20120906130258.jpg
安くてうまいお食事どころ、クダイエルは目の前
左の3階建てが専門学校の校舎です。

IMGA0222_convert_20120906131022.jpg
宿泊棟全景

一階にこのNPOのメンバーが自費で作った客室が2部屋あります。
IMGA0196_convert_20120906132132.jpg

IMGA0199_convert_20120906131729.jpg

IMGA0202_convert_20120906133459.jpg IMGA0198_convert_20120906132832.jpg

2階の建設予定部分
IMGA0207_convert_20120906134502.jpg IMGA0209_convert_20120906133849.jpg
南側 と 北側

IMGA0215_convert_20120906135550.jpg
ここから望める風景

IMGA0212_convert_20120906135931.jpg
渓谷の向こうはバドゥン県
IMGA0208_convert_20120906134834.jpg

立地の景色はとてもいいので、なかなか快適です。


2階の部分に6部屋作れるんですが、そこを仕上げるための試算をだしたら
約600万円だそうです。

バリで家を作ろうとお思いの方はご存知でしょうが、
建材費がどんどん値上がり(その他の物価も上がってますが)していて
1年ほっとくと、予算が足りなくなってしまうんですね。

なのでセメントとかタイルとか屋根瓦を買い置きしておく
バリ人も少なくないです。
人件費はそんなに変わっていないんですが。

ウブドあたりでの光熱費・諸サービス込みの宿泊料の値段を考慮して、
1年契約でいくらの賃貸料で入居者を募集したらいい条件では?と
思っての提案だったのですが、そうなると複数年契約の方が
6人集まらないと建設がスタートしない計算になります。
(または、北側の3部屋だけで300万円という試算もできるそうです)

他にも寄付や出資をインドネシア国内、海外に
お願いしているところで、香港のインターナショナルスクールからの
出資で、ランドリールームを建設中です。

そして、観光を学ぼうと、パヤンガンだけでなく
キンタマーニ高原付近からも通っている学生たちに
ぜひ生きた日本語や文化、(もちろんその他の外国語も)
観光業一般(レストランサービス・ホテル施設管理・フロント業務等々)を
教えてあげてほしいそうです。

このヴィラ賃貸契約ご希望とは別に、
ただ単にバリでのんびり、では飽き足らない方々
ご自身が培った実業経験をバリ島の若者の成功のために
伝授してくださいませんか?

見学等ご希望の方は、
balirecycleshop@gmail.com まで。

(余談ですが、私は農業経験のある方の知識を
 お借りしたいです。
 ほったらかしの山の畑で作物を作りたいのですが
 なにも知らないのです)


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/09/06 18:00 ] 村の貸し住宅情報 | TB(0) | CM(8)