スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実は私も・・・デング熱恐れることなかれ、あなどるべからず

P1110201s-.jpg

話題になっています「デング熱」。
先月からの東京での感染以前は
「え?天狗熱?鼻が伸びるの?」
などどイマイチな冗談を言って、
かかった人の気に障ってる人もいましたが、
最近は冗談にもなりませんね。

デング熱といえば熱帯気候の国々の風土病でしたが
とうとう日本でも。
といいますか、日本ってバリ島より確実に暑いです。
私はバリに来て5年ちょっとになりますが、日本の猛暑のような
日を体験したことがありません。
バリ島の南部はさすがに暑いですが、日本の熱帯夜のように
暑くて寝れない、マジ死にそうかも・・・
ということはそうそうありません。

そんな意外と涼しい所に住む私ですが、
今さらですが、今年の2月にデング熱にかかってました。
東南アジアへ行くと言えば、気になるのは伝染病。
でもウチの周りでは狂犬病もデング熱もどこか遠い所のお話でした。

しかし去年、すぐお隣のマッチョな大学生が
いきなりデング熱にかかって入院中!と聞いて、
村の保健所から防虫噴霧がやってきて、村中真っ白になるまで
殺虫剤を撒いていき、そのおかげかなにか、
彼以外かかる人は出ませんでした。

そして数ヵ月後。
私の台所って朝から蚊が多かったんです。
普通よく見る蚊より小さくて、「ウィーン」の羽音もしない。
朝起きてコーヒー入れて、お米を研いだりしていると、
スネが痒くて、それでやっと刺されてたな、とわかるものです。
なので朝起きてから蚊取り線香を焚いたりしてました。

そんなある日の朝4時。
猛烈な悪寒で目が覚めました。
頭も痛いし、吐き気もするし。
夫と子供が起きてから、それを伝えると夫は
「ドゥマムブルダラかもしれない」と言ってましたっけ。
インドネシア語でデング熱はこういう病名です。

えええ~それはまたやっかいな。入院めんどうくさい・・・
どうかただの風邪でありますように、と祈りつつ、
近所の公立診療所で血液検査をしました。

デング熱と言うのは、
検査で血液中の「trombosit (インドネシア語で血小板) 」の数値が
いくつ以下まで下がったら、
「demam berdarah (インドネシア語でデング熱、略してDB(デーベー)」
と診断が出るのだそうで、
その時の私の場合、数値は忘れてしまったのですが、
微妙にギリギリの数値だったようです。

もう一つの方法で数値を計り、診断を出すこともでるそうですが
なんせ村の診療所。その装置がない。
ウブドの外人さん向け高級クリニックに行けば分かるけど、と
医師に言われましたが、今は何より横になってじっとしたい。
なので、そのまま家で寝込んでました。

しかし、夕方になっても食欲も出ないし、水さえも飲みたくない。
寝ても眠れない、
でもなんとなく動けるので息子の夕食にチャーハンなんか
炒めちゃったりして。

でもやっぱりどうにもおかしい、のでもう一度診療所で検査して
「ああ~やっぱり微妙。紹介状書きますからウブドに行ってください。」
と行きまして血液採って、翌朝
「デング熱です。入院の必要あり。」
あ~そうですか。がっかり。

と、ここまでで発症して4日。これがよくなかった。
病院では朝晩採血して血小板の数値を調べます。
私の場合21でした。普通の人は150、それが21ですから
なかなかの重度。
100になったら退院していいですよ。
頑張って食べて飲んで、力をつけてね。と毎回言われてました。
しかし、食べられないんですよね。水を飲む気も起きない。
自分でトイレにも行けますし、本を読んだりしてましたが
力が出ない・・・食べてないし。

でも治療薬はないんです。
一応抗生物質とビタミン剤、熱の薬は出るんですが、
デング熱ウィルスに対する薬はないそうです。
自力で気合で直すしかありません。

ウィルスにかかっても発症しない人もいるそうです。
つまり血小板が少なくなっていかない人=やたら元気な人。

なので同じ蚊に刺されたとしても、弱っていた人だけが発症するという
こともあります。
ウチもかかったのは私だけ。
夫は(どうでも)いいとして、息子にはマズイ!と慌てましたが
夫も息子も元気だったんでしょうね。
朝寝坊だから刺されてもいなかったようだし。
私より早起きの義父とか義母は・・・
多分皮膚が象さん並みに分厚いんでしょう。

5日入院してやっと血小板の数値が上がったので家に帰りました。
これ、軽度だとデング熱と気づかずに、
自宅療養だけで過ごしてしまった人もいるそうです。

かかってしまっても本人も周りもそんなにおそれる必要もありませんが、
血小板の数値が低い間に出血すると血が止まらなくなりますから
歯磨きで歯茎から血を出さないように、とか
そういう面では気をつけないといけません。

もちろん蚊に刺されて気分がいいものではありませんから
普段から気をつけるとして、特に朝の蚊ね!
ヤツラは陽が当たっているところでも刺してきますから、
夜よりも朝、寒くなって蚊がいなくなるまで気をつけましょう。


新生、当ブログにネタご提供、
「売りたい買いたい」
「探してます」等の情報掲載ご希望の方は、ご連絡ください。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/09/11 23:30 ] バリの医療 | TB(0) | CM(0)

○○は風邪引かない、といいますが、さすがの私も風邪ひきました・・・バリの風邪薬の効能は。

P1100760s-.jpg
ビタミンC補給に、バリみかん。


毎年、この時期に書いているような気がしますが、
今のバリ島、寒いんです。
乾季のバリ島の中部以北、うっかりすると風邪をひきます。
しかも今年は乾季なのに、雨が降ることが多くて、
日本の初秋みたいです。
雨上がりなんて放射冷却で、「ブルッ」としたら鼻水出てきた、なんて
熱帯のはずなんだけどなあ・・・

私はバリ島の気候に合っているようで、下痢も食あたりも風邪も
ほとんどかからないんですが、2日前、久しぶりに
「あ~!風邪ひいた。」と実感しました。

週末予定があるので、寝込んでいるわけにはいきませんので
効く、と評判のインドネシアの薬を飲みました。
これ。
P1100776s-.jpg
どこでも売ってます。Procold しかも6錠で4,000ルピア。(約40円)

夫愛用の買い置きのコレがあったので、朝9時に1錠飲みました。
夫「よく効くよ~」とおススメ。

そして昼の11時半。我慢できない激しい眠気。
息子に枕元でどんなに騒がれようと、起きられません。寝ちゃいます。
やっと起きられたのは午後3時。
ほぼ4時間ぐっすりです。

で、起きたらスッキリ。
これ、「ぐっすり眠らせてあげるから、
    その間に自分の免疫力でなんとかしなね。」ってなことかしら。

昨日はすっきりしたんですが、
今日また油断したら具合がわるくなってきました。
またコレ飲んで寝ることにします。

ぐっすり眠る時間がある方、これ飲んでみてください。
ではおやすみなさい~


新生、当ブログにネタご提供、
「売りたい買いたい」
「探してます」等の情報掲載ご希望の方は、ご連絡くださいませ。


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/07/24 21:00 ] バリの医療 | TB(0) | CM(4)

休日も開いてる診療所とインドネシアの薬と国旗掲揚と子犬

息子の風邪がなかなか治りません.
月曜日に風邪気味なので
いつもの5000ルピアの「coldrexin」という薬を飲ませまして
火曜は幼稚園を休んで静養、水曜は元気に幼稚園に行き、
もういいな、と薬を止めたら夜中発熱で起きる。
木曜、また薬を再開して昼は良さそうなので外出したりして
今日金曜の朝は、目やにがひどい。微熱も。
子供は目と鼻と耳の距離が近いので鼻のウイルスが目に出るというので
何か薬を足さなくちゃかな?と
近所のプスケスマス(公立診療所)に行きました。
ウチの近所のはパヤンガン郡の診療所で、大きいです。
最近新棟もできました。24時間診療、救急車もあります。
P1020848s-.jpg P1020847s-.jpg

P1020845s-.jpg
ずっと前から気になっていたんです。
この救急車のフロントガラスに「世界一」のステッカーが。

祝日でしたが、医師一人、看護婦二人います。
奥の大きな建物で診療して、こちらが薬局。
P1020849s-.jpg P1020854s-.jpg
左が痰を抑える?(医師は「溶かす」と言ってましたが)薬。
ビンはガラスからプラに変わったし、薬の色もドギツイ着色料がなく
無色透明!進歩!改善!

この咳の薬「Ambroxol」、先日私が咳で苦しんでるときに処方されたのと
同じ名前。子供用シロップですね。
私のは飲むとやたら眠くなって起きてられなかったんですが
気が付けば治ってました。
効くんだろうけど、量というか作用する加減がなってないんだろうなあ。
息子はこれ飲んでも特に眠たくはないようです。

プスケスマスのすぐ隣は陸軍パヤンガン駐屯地。ほのぼのしてますが。
P1020851s-.jpg P1020853s-.jpg
一週間後の独立記念日のために国旗を揚げてます。

夕方、家の前に出てみたら、で、でっかい!
P1020860s-.jpg
陸軍より、ウチの旗のほうがでっかいのでした。

P1020863s-.jpg P1020864s-.jpg
まだ揚げてないのがこんなにある・・・
子犬は毎日大きくなってます。そして毎日キタナクなっています。
ふわふわな毛が黒ずんでますよ~


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/09 20:30 ] バリの医療 | TB(0) | CM(0)

バリ島で歯の治療 その 3 埋めた歯の穴を掘り返してもらったら・・・

IMGA0036s-_20130313165012.jpg
バリ男子の正装にも流行があるようで、
最近のは、コックさんか?!というくらい妙に高いウドゥンの結び目と
ピチッとしたサファリ(上着)

本日は
♪村の鎮守の神様の、今日はめでたい御祭日、
  ドンドンヒャララ、ドンヒャララ、朝から聞こえる笛太鼓♪

バリでは「オダラン」といいます。

どうやらニュピ<オダランの方が大事らしく、
叔母は静粛のはずの昨夜、台所の電気をガッチリ付け、
(でも通りからは全然見えないような作りにしてあります。想定内?)
おそなえの鶏の丸揚げを作ってました。

私はなんにもしないんですが、お参りくらいはしないと、と
昨夜から鼻息荒く心の準備をしてましたが、
予定では朝からお祈り、その後パレード、またお祈り・・・らしい、
いつもより忙しい、と言われてましたが、実際はまだらしい。
どうやら午後2時らしい・・・と全て伝聞でことが進んでいきます。

なので、今我が家は親戚の子供達がガヤガヤしながら待機中です。


ところで、タイトルの歯。
先週の話ですが、治療してもらって一件落着、かと思いきや。
何も噛まないで歯をカチカチ合わせるだけならなんとも無いのですが
食べ物をかみしめるとなんだか違和感・・・
中に空洞が空いているような・・・

それでやはり掘り返してもらおうと、また街の歯医者にやってきました。
女医さんは「あれ?!こないだいつ来たっけ?来たばかりよね?」と
驚いてます。

私「やはり、プスケスマスで埋めてもらった穴がなんだか
  おかしいんです。
  まだバイキンが残ってるんじゃないかと。」
医「じゃあ、開けてみますよ。」

と、バリの歯科女医さん特有の怪力で(日本の歯医者さんもそう?)
埋めた詰め物を掘ると

医「ああ!これは・・・
  これ、穴じゃなくてね。割れてます、歯が。崩れてます・・・」

つまり地すべり寸前みたいに深いところまでヒビが入ってると。
それじゃあ、表面だけ穴埋めしても違和感があるはずだ。
自分の感覚がまさに正解・・・

医「とりあえず、崩れてるのを取りますよ。」と

また怪力で引っこ抜きました。(痛くありません)
消毒の薬を付けて、4日後にまた来院です。
痛くなったら飲んで、という薬をもらって帰りました。

歯が割れるなんて・・・そういえばおととしの歯痛も奥歯が2つに
割れていたのでした。

私、以前スキーをやってたんですが、そんなにがんばってなくても
結構歯をくいしばってるスポーツらしいんです。

そのせいもあるし、詰め物をしてる奥歯が多いんですが
出産、授乳でカルシウムを息子にちゅうちゅうされてるからかも・・・

カルシウムは豆腐とかテンペで摂ってたつもりですが
今度からカルシウムサプリでも飲もうかな。

4日後、一体どんな処置されんのかな?
金歯とか入れたら、おいくら万円かかるのか?とドキドキでしたが
大きい欠けですが、普通の詰め物でうまく補修してくれました。
5日経過しましたが、問題無しです。

多分コレで治療終わり!(だといいけど)

今度からは、ちょっと欠けたりしたらすぐ行こうっと。
放っておいて、バイキンが入るのが一番悪化の原因ですもんねえ。

で、今回で感じたのがこんなこと。

日本の医療サービスは、黙ってイスに座れば、
何も言わなくても完璧にキレイにしてくれる。悪くなりそうなところも
今後のケアもいろいろしてくれる。

「~してくれる」が多いと思います。

バリの医療サービスは、聞いた話も合わせると、
やはり自己責任のところが多そう。
社会保険がないからですかね?
医療機関も患者さんが治療費を払うんだったら、あれもこれもと
オプションを付けてくるけど、治療したところで実は払えません、だと
困るんでしょうね・・・

無料~格安のプスケスマスは、ホントの初期症状の対応で
その後どうするか?どこで治療を続けるか?は患者の自己判断。
(話は逸れますが、バリでは救急車は各病院が持っています。
 プスケスマスに来た患者が救急車で街の大病院に行かねば、という時
 出動します。
 パヤンガンで急患があったら、とりあえずプスケスマスに行くのも
 お勧めです。24時間だし、デカイ救急車もあります。)

なので、開いた穴を埋めてくれ→埋めた、なら注文どおりじゃないの?と
夫の意見。
この街の歯医者さんも、やってくれと言われたことだけやってるように
感じました。

最近、ニュースで取り上げられているのがジャワ島などで
治療費を払えるメドがたたない患者が病院をたらいまわしにされて
死に至ってしまった、ということ。
1、2件の話ではないそうです。

小児科での予防接種も
「接種後、熱が出ることもある安いワクチンと、
 出ることがあまりない高いワクチンとどっちにします?」ときかれ
日本ではありえない質問だなあ・・・と、
インドネシア市民の貧富の差を実感しました。

そう訊かれて、好きで「安いほう」と言える親もいませんが
無い物は払えない、安くても予防接種を受けさせるだけいいほうという
家庭もあるんでしょう。
(プスケスマスなら無料です)
高いのを使っても熱が出る子もいるし、安いのでも何ともない子もいるし
中身の違いはよくわかりませんが。

話がまとまりませんが、つまりは歯は治りました。
そして外国はやはり日本ではないので、同じことは望めません。
外国に行く前に難しい治療は日本で治してきましょう。
また、今まで以上に健康に気をつけましょう。

そして、社会保険がないので自分に合った保険に自分で加入する事に
しました。
このお話はまた今度


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/13 17:00 ] バリの医療 | TB(0) | CM(2)

バリ島で歯の治療 その2 街の普通の歯医者にいってみた!

IMGA0134s-_20130310152604.jpg
ロビナの海岸


プスケスマス(国営診療所)で欠けた歯の穴を埋めてもらった
翌日。
同じ歯なんだけど、どうも舌先にあたる穴がもう1個ある。
糸ようじの先で突いてみると、ちょっと痛い。

やっぱりそう簡単にはいかないよなあ・・・だってタダだもん。
というわけでやっぱり3日後に、
予約した在バリ外国人御用達の歯医者さんに行こうと夫に言ったらまた、

夫「そんな遠くまで行かなくても、クデワタンにある歯医者も良いらしいよ」

それは以前から気になってたんです。
去年、歯が痛くなった時も夫の友人が勧めてくれたんですが
その時はじっとしていられない激痛だったので、
一発で治療してくれるところを探して行きましたっけ・・・

今回、痛みにも時間にも(ヘボかったら3日後があるし)猶予があるので
試すのが好きなもんで、ノコノコ行ってみました。

バリの普通の歯医者は電話予約ができませんので、
診療時間(どこでも夕方5時くらいが常識)頃に、聞かされた場所に
行ってみました。

前でボケっと待ってると、バイクでブ~ンと女性がやってきました。

「今あけるからちょっと待っててね」

この人が歯医者さんのようです。
クデワタンはウブド郡ですがウチのあるパヤンガンはその隣の郡。
ウチの夫の友人が隣村にいるんですが、そのお隣が実家だというこの先生。
つまりパヤンガンからここにお嫁に来た先生が、
歯医者を開業したんですね。
年齢は40代以上でしょうから、その当時パヤンガンでも
超才媛だったんじゃないかな?

まず
「どうしました?」と歯痛になった経緯を訊いてくれました。
当たり前のようですが、大事ですよね。

ピーナツの話から、実は昨日プスケスマスに行ったばかり、と
話しまして、ガイジンさんがなんでプスケスマスに?なんて話から、
パヤンガンに住んでまして、こうこうこうでココを紹介されました、
と話して、治療開始。

やっぱ、先生なかなか良いみたいでパッと見て歯茎の腫れの跡も
わかってくれたし、(当たり前か・・・)
穴の詰め具合もいい感じですが、予告なくチクッと歯茎に注射なので
「なんですか!いきなり麻酔ですか!?」とビビリましたが
抗生物質のような物のようでした。

終わった後、
私「プスケスマスで埋めた部分は、
  バイキンが残っているとかはないのでしょうかね」
先「それは、開けてみないと私にはわかりません」

その通りなのです!先生。
よくわからないのに「TIDAK APAAPA(問題ない)」という人が多い中、
「わかりません」と言うのは、私は逆に信頼できます。

ここにはレントゲンは無いので、
気になってご希望ならせっかく埋めた穴だけど、開けて見てみますが?という
ことです。

どうしようかな?と思いましたが、今は良さそうなのでとりあえず様子をみる
ことにしました。
ココなら遠くないしそんなに高くないし、基本的に毎日やってるし
違和感があったら来よう、と、歯のかかりつけ医を見つけられて
またちょっとホクホクしながら帰りました。

バリ人の患者さんにはおススメですが、
でも、うがいのお水は水道から直接だし、先生も助手さんも手袋はしないし
そういうのはちょっとって方には合わないだろうなあ。

って、これで終わりじゃなくてまだ続きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/10 16:00 ] バリの医療 | TB(0) | CM(2)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。