スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリ島で口唇ヘルペスが再発したら、コレを飲む~!

また1ヶ月以上あけてしまったブログ記事更新です。

9月は日本から懐かしい人が会いに来てくれたりして、
にぎやかに過ごしていました。
その楽しかった反動か、後半 鼻風邪をひいたり、
鼻のかみ過ぎで荒れているのかと思ったら、
鼻の穴と唇に口唇ヘルペスが出ちゃったりして
なかなか見っともないです・・・

意外とイライラさせられるバリ島生活ですが、
日本の比ではないらしく、
バリに来てからは、日本ではよくあった胃痛も
外反母趾の痛みも(クツ履かないから)
口唇ヘルペスもずっとならなかったんですよ。

口唇ヘルペスには抗ヘルペス軟膏を
日本から持ってきてたんですが
疲れが溜まって、「なんだかおできが出そうな・・・」
って予感がする頃に
塗ろうかな、と思うとギリギリで出て来ないで
もう6年も大丈夫でしたが、
今回 唇が荒れるなあ、と思ったらおできが出ちゃいました。

日本ではよくあることだったので、
軟膏を塗って(もう効かないかな)そのままですが、
会うバリ人に
「サリアワン?」(口内炎)
「パナスダラム?」(胸焼け)
「マカン バニャッ マンガ ヤ?」(マンゴー食べすぎ)
と言われて、その都度説明しますが
もちろん分かってないでしょうな。

口唇ヘルペスはバリ人もかかっている人はいるようなんですが
口内炎だと思っているようです。気づいていないんですね。
抗ヘルペス薬はバリの薬局でも売られているようですよ。

ほっておけば時間は掛かるけど治る、ともう分かっているので
古くなった軟膏を塗るのも、新しいのを買いに行くのも
面倒くさがってましたら
口唇ヘルペスにノニが効く、ということを教えてもらい
探し回ってました、ノニ。

聞き込み調査をすれば、
「あそこにたくさん落ちてるよ」とか
「誰々さんちにあるよ」とか、
ある所には文字通り腐るくらいあるのに
いざ探すとないもんですわ・・・

管理しているレンタルハウスの近くにあったよなあ、と
行ってみたら、ありました。
でもどうやって入手したかは、どうぞおききにならないで・・・

まだ固いよ、とのことで 陽に当てて2日間。
一個 熟したような様子なので冷蔵庫に移動。

激マズ!との前評判ですが、
不味い物を食べることには強いたちなので
ちょっとかじってみました。
すっぱくて、なんとなく糠の古漬けみたいな風味と
舌がしびれる刺激。
でもこれは外見同様、
シルサックの仲間のような味がほんのりします。
シルサックは甘くて美味しいのにね。

これを煮て、煮汁を飲めばいいそうです。さっそく飲んでみました。

小さい実が3個しか手に入らなかったので、
薄い煮汁なのかもしれませんが
別に我慢するほど不味くもなく(おいしくはありませんが)
毎日コップ1杯飲んでいます。

そろそろ第二陣も手に入れないとなあ・・・と思ってましたら
ウチの近所で樹を発見!
持ち主に売ってください、と頼むとタダでくれました。

まず、初めに手に入れたものは
下の大き目の白くなったもの2個だけ煮ました。
P1230186s-.jpg

そして第二陣。でっかい!
初回のと比べ物にならないくらいでっかい!
P1230211s-.jpg
初回の残りを一番前に置いて大きさ比較しました。
そうか、熟したものはここまで大きくなるのか・・・

大きいけど、まだ特有のクサさもないし手触りも固いので
また日光にあてて追熟させてから煮ることにします。

ノニっていうのはハワイの言葉なんですってね。
インドネシア語は mengkudu バリの方言では tibah といいます。
相当 栄養価が高いようですが、
周りの人はあんまり食べませんねえ。
バリの人は健康な時に
わざわざ不味い物を食べる気はしないようです。
将来の健康より、今日の美食、かな?


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/10/01 00:30 ] バリ島の民間療法 | TB(0) | CM(0)

まさか!?二度目のデング熱・・・?

当ブログを読んでくださっているみなさま
ご無沙汰いたしております。

このブログを始めてもう数年経ちますが、はじめて
記事を1ヶ月書かないと出てしまう「広告」が出てしまいました!

体調が悪いわけでも、環境が変わったわけでもないんですが
変わったのは「天気」・・・
雨季になって、ネットの電波がよくなくてですね~
それがフェイスブックとかEメールとかはいいんですけど
ブログのログインがなかなかできなくてですね~
書きたいことはあったのに、
ログインできる時にはもうネタが古くなってたり
なんてやっていたら、もう3月。

P1140249s-_20150303004700080.jpg
これは1月24日の夕焼けです。


思い出せば確か去年も2月は天候が悪かった。
今年も突風が吹いたり、土砂降りになったり、
山間部では立ち木がポッキリ折れていたり、
日中暑いと思ったのに、
日が落ちるとグッと冷えて体調が悪くなったり、と
バリでは2月は要注意のようです。

私の村では今月、寺院の大きい建立祭があります。
それを踏まえてなのか、
先月 村人全員が鎮守寺からお守りをもらいました。
「無病息災で建立祭を迎えられるよう」ということです。

写真を撮ると効力がなくなりそうなので、
言葉だけで説明しますと
赤白黒の よった紐に本物の古銭を通したペンダントです。
お風呂、トイレに行くとき以外はいつも身に着けておくように、
だそうです。

でもワタシ、
うっかり取るのを忘れてしまいそうになるんですよね・・・
で、袋に入れてバッグに収めているんですが、
それのせいかどうか
この前の土曜なんですが、午後1時にはなんともなかったのに、
2時になったら急に頭と背中が痛くなり
この痛みは・・・去年かかったデング熱に似ている・・・
そういえばそれも2月だった。

夜になるとガタガタと悪寒がしてきて、
家中の毛布を掛けて寝ていました。

夜中に体温を測ると、38度。
これはヤバイ・・・また入院はイヤだなあ。と、夫に
「38度だよ」というと

「よかったね、ふつうじゃん。」

世界のどこに38度が平熱の人間がいるんか!?
一気に目が覚めました。
去年デング熱にかかっって、37.2度だよ・・・と言った時も
「ふつうじゃん。だいじょうぶだよ」って言ってました。確かに。 
夫は風邪はひいても、入院とか病院とか無関係の人だから。
知らないってことは幸せ、ってことなんですね・・・
しかし、学習してくれないかなあ。

朝は36.6度になってまして、一安心。
頭痛も朝はありましたが、夜には消えて、
デング熱ではなかったようです。
私が去年かかった時の症状は、
熱と頭痛、節々が痛い、吐き気
食欲が全く無い(舌がおかしくなって味がわからない)でした。
咳・鼻水・下痢の症状はないんです。

この3日前に庭掃除してたら、
誰が置いたか!
空き容器に雨水が溜まってボウフラがいっぱい湧いていまして! 
すぐに捨ててバイゴン(インドネシアの殺虫剤)をシューシューして
壊滅させたんですが、あれが羽化してたらやばかったです。
こういうちょっとしたことで蚊が湧いちゃうんですよね・・・ 
でも3日前だからこれが原因じゃないですがね。

やっぱり2月は病気になる人が多いみたいです。
日本もバリも季節の変わり目
みなさまもお気をつけて~


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/03/03 00:00 ] バリ島の民間療法 | TB(0) | CM(2)

デング熱を運んでくる憎き蚊を撃退する薬品とデング熱の特効薬、と言われているもの

大流行、という訳ではないのですが
最近、地味~にバリで患者が増えています。デング熱。

ネッタイシマカ、という白黒の蚊がウィルスを移すそうです。
この蚊は朝出てくるのが特徴だそうで、
近所のヴィラの整備中のプールに微妙に雨水が溜まっているので
「デング熱がこわいから、水を全部抜いて。」と管理人のおじさんに言ったら
「デング熱の蚊はこういう所じゃなくて、
ドブとか浄化槽とか家畜小屋に集まるんだよ」
と言われました。
(どっちにしても、水を溜めとくのはよくないんですけど)

ウチの方は田舎ですが住宅が集まっています。
バリの住宅は北東の方に寝室、南西の方に
浴室や台所の水場を集めるようになっています。
寝室から蚊が遠くなるような、昔からの知恵でしょうかね。

以前は豚さん小屋やバナナの木があった場所をキレイにして
私達の家を建てたので、
ウチの浴室は北隣の家の豚さん小屋と隣接しています。
それのせいか、数年前のある日
突然浴室に蚊が100匹くらいいたことがありまして、
部屋にはいないのに、なんで浴室にだけ100匹も!
とまだ乳飲み子の息子を遠くへやって、蚊取りスプレーを掛けまくりました。

みんなは隣の豚小屋から来るんだよ、と言いましたが
基本、豚さんはキレイ好きで朝晩水浴びさせてますから、
どうも違うんじゃないかと推理しました。

さて?どこから?とよく見ると、トイレの流す所の水位がいつもより低い。
でも低いといっても水は入ってますから
どうやって来たのかはわかりませんが、でも異変はここしかない。

ということで、夫になにか薬品を買ってきてと頼んだらコレを買ってきました。
P1090532s-.jpg
蚊取り線香でおなじみのバイゴン社の最終兵器?
蚊とゴキブリ駆除用。超強力だそうです。お値段も高め。

コレを便器の中に適量入れますと、スゴイ臭い!
蚊よりも先に私が倒れそうです。
ウチの浴室はよくいえばオープンエア、普通に言えば開けっ放しなので
そのままドアを閉めて遠くへ避難。

見ると蚊はみんな逃げました。よかった。
100匹の蚊が床に落ちてても気色いいものでもないし。
そしてマスクをしながら、水をジャンジャン流します。
臭いがなくなるまで、トイレも隣のを借ります。
そしたら蚊はピタッと来なくなりました。

上の写真の背景の下に浄化槽があるんですが、
最近ココにも蚊が多くいました。
台所に近いので料理の際、朝からスネをチクチクされるとムカッとします。
で、久しぶりにトイレの方からこの薬品を流したら、
これまたピタッといなくなりました。

家の周りの淀んだ側溝などにお悩みの方、コレ効きますよ。
でも人間も一時逃げないとなりませんが。


そして運悪くデング熱にかかってしまったら。
程度もいろいろのようで、家で2日寝ていて治った人もあるし、
1週間入院した人もいるし。

デング熱にかかったら、特効薬やワクチンがあるわけではなく、
ひたすら食べて、飲んで自分の体力で回復するしかないそうです。
そこでバリ人に「これはデング熱に効く!」と信じられているのが
100%グアバジュース。

Guavas-.jpg
グアバはバリでは「ジャンブービジ」と言います。
実の外側は黄緑色で熟しているとは思えませんが、
中身はピンク色で、ほんのり甘酸っぱい味です。
日本ではこのグアバジュースはほとんどお目にかからないそうですが、
バリではコンビ二やスーパーでたくさん売られています。

これをガブガブ!1日に3Lくらい?頑張って飲むと治るのが早い、と
言われていまして、デング熱のお見舞いにはよく選ばれています。

が、もちろん医学的根拠はないそうなので、お医者さんに聞いても
「あ~そうですね~ とにかくなんでも飲める物をいっぱい飲んでね!」と
いわれます。

他にも田舎では、パパイヤの葉っぱをジュースにして飲むと効く!と
言われます。
P1090015s-.jpg
野菜のように料理して食べてもいいそうです。
でもニガ~いらしい。
病院がなかった頃からの民間療法でしょうかね。

というわけで蚊がすっきりいなくなったんですが、
「ニッ」と呼ばれるバリのブヨが来ないように
昼間から蚊取り線香をたいています。
ニッは、ウィルスは運んでこないけれども、
刺されると1週間もムカつくくらいカユイです。(`ヘ´)/


お知らせ
家具・家電・生活用品・光熱費つきウブドのレンタルハウス
(私が管理しています)
3泊 330.000 ルピア 1ヶ月 2,750,000
長期割引もあります。

お問い合わせは balirecycleshop@gmail.com までお気軽に。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/23 19:00 ] バリ島の民間療法 | TB(0) | CM(0)

糖尿病に効く(らしい)という、バリの珍ドリンク

DSC03199s-.jpg

今日の午後のこと、タバコもお酒も飲まない叔父が
珍しい物を持って、ウチの冷蔵庫に入れに来ました。
それはバリの飲み物「トゥアック」

トゥアックには苦い思い出があるので
(その説明は→過去のトゥアックの記事

私 「あああ!破裂するのでボトルに入れ替えてくださ~い!」
叔父「おおそうか。やっぱり」

と空きペットボトルに入れ替えて、フタにも穴を開けていました。

買ってきた夫に
私「叔父さんがトゥアック持ってるなんてめずらしいね。」

夫はトゥアック大好きでよく飲んでますが
叔父さんが飲酒に目覚めたのか?と思ったら
糖尿病の妙薬なんだそうです。
医師が言ってるわけではないので、あくまで民間療法でしょうが。

先日から手足がこわばるとかで病院に行ってました。
ピーナツやモツ、ブリンジョという木の実の揚げ菓子とか
食べてはいけない、足の親指も痛い、ということから
通風なのかな?とも思います。
バリではどういう病名なのかは私は分かりません。
(糖尿病はクンチンマニスー甘いオシッコ、そのままです。)

トゥアックは味はなかなか美味しいのですが、生ものなので
時々夫でさえも下痢します。

でも試してみたい方、バリ滞在の初日辺りが無難かと思います。
帰りの飛行機で下痢ってツラそう・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/08 22:00 ] バリ島の民間療法 | TB(0) | CM(0)

第5回 またウチの大事な息子の大事なムスコが腫れてしまった

IMGA0004s-.jpg
本日の夕焼け。雨季は夕焼けがキレイです。

ブログって、やっぱり便利ですね。
夫の仕事のご紹介のみならず、キレイな写真も
息子の成長記録も付けられる。

昨日の朝、ウチの息子(3才)のムスコがまたバリ島名物「トゥグゥ」に
刺されて腫れてしまいました。

また、ってなんだ?と気になる方は→過去の記事

ここからはちょっと具体的な説明で恐縮ですが
バリで(インドネシア全体で?)子育てする方の参考になれば・・・

トゥグゥとはノミとかアリよりも小さい小さい、赤い糸くずにしか
見えない虫なんですが(飛びません)
地面にいるそうなんです。
外遊びなどで、ちょっとそこらに座ったりすると主に男児の
股間をねらってくるらしいです。
女児も刺されることもあるらしいですが、私の周りには
女の子では刺されたってのは聞いたことありません。

前回の記事を見たら、2歳半の時だったんだなあ。
あの後、タマタマ部分を刺されたことは何回もあって、
ボカシオイルとかを付けてやれば、そんなに痒くならないうちに
治るんですが、1年半ぶりの先端部分被害・・・

昨日の朝見つけて、ミニャックラパ(ココナツ油)をつけました。
なんで油?って感じですがトゥグゥは水でも石鹸でも平気だけど
ココナツ油を付けられると死ぬそうです。
ボカシオイルもココナツ油べースなので効くんですが
ミントが入っててシミるからね

日中はなんともなかったので、もう取れたかな?と思ったら
夜中にやたら痒くなったらしく、大騒ぎ。

起床後もご機嫌だったのに、急にまた痒くなったらしく
顔を洗う前からまた大騒ぎ・・・

こうなればアレしかない!とボサボサ頭で走った先は、隣の家。
IMGA0001s-.jpg
名前は何というかなあ?普通のココナツオイルより高い油です。
鮮やかな黄緑色をしています。
普通のココナツ油と実の種類が違うそうです。

IMGA0599s-.jpg
ちょっと涼しい日なんて、こんな感じで固まってしまいます。

近所のお坊さんの奥さんや他にも自宅で自分の家のココナツの実から
油を注出している人もいて、ウチにはなくても
近所のどこかにはあるはず。
隣の家にほんのちょっとだけありました。

叔母「え?油?切らしてるよ・・・何に使うの?」
私 「おちんちん刺された。」
叔母「トゥグゥだね!そのくらいならあるよ!!!」

とボトルの底に残ったのをちょっともらいましたが、それで充分。
綿棒でつけたのでもういいはずですが、すぐには痒みは
治まらないようなので、さあどうしようか・・・
皮膚科の強い薬はなあ・・・場所が場所だけに。と思ってたとき
あ、思い出した。ブロ友 rahasiaさんの記事

塩は無理だろうけど氷だ!とビニールに入れて載せといたら
効いたようです。

夜もまた痛かゆくなった時、氷を渡したら自分で率先して
おマタを冷やしてました。

寝転がって、おちんちんを氷で冷やしながらテレビを見る3才児。
おっさんみたいです。

成人男性も刺されることがあるそうなので、ご注意。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/25 00:30 ] バリ島の民間療法 | TB(0) | CM(6)
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。